【サッカーパック人気2位】 なぜ主審は第四の審判員からの進言でラストタッチを仲川とジャッジしオフサ…

デジタルピヴォ! プラス

サッカーからフットサルに転向した選手たち、脳みそも転換してくれたかな。(城北・川﨑康裕監督)[東京都女子1部]

2019年5月18日 葛飾区総合スポーツセンター

(PHOTO,TEXT・山下浩正)

ドリブルから利き足の左で先制点をたたき込んだ♯11みゆ(写真上)は次のシーンでは強打とみせてピサーダで♯23ひなに落とす。

 

ひなはファーに振り、受けた♯2のんがシュートパス、ひながファー詰めに行く。ここは枠に飛ばなかったがオフサイドがないフットサルならではのこの形で何度も相手ゴールを脅かした。

 

1点ビハインドで折り返した城北だったが川﨑監督は“内容は悪くない続けよう”といい続けそれが功を奏した。

 

後半、同点ゴールを狙って攻撃の強度を上げた城北は、みゆが左サイドの縦突破から再三攻め続けた。写真のシーンは惜しくも合わなかったが、みゆはこの直後に同点ゴールを決める。

 

さらに♯2のんが3-2とする逆転ゴールをゲット。城北の意気は上がった。

 

締めくくりは♯14ユイ、彼女のゴールで城北は勝利を決定づけた。

 

▪️Super Sports XEBIO 東京都女子フットサル1部リーグ2019 
第2節 BALLENA BLANCA城北レディース 4-2 LIGARE TOKYO LADIES
2019年5月18日(土) 葛飾区総合スポーツセンター
[得点経過]
1-0 3分 城北レディース 11 高橋海友
1-1 6分 LIGARE 22 宇田川奈美
1-2 9分 LIGARE 18 嶋田萌
2-2 23分 城北レディース 11 高橋海友
3-2 28分 城北レディース 2 木村穏
4-2 30分 城北レディース 14 中田優衣 

第3節 BALLENA BLANCA城北レディース 2-1 La puerta junto ladies
2019年5月25日(土) 葛飾区総合スポーツセンター
[得点経過]
1-0 2分 城北レディース 14 中田優衣
2-0 23分 城北レディース 14 中田優衣
2-1 24分 La puerta 14 野口理南

 

第3節でついに首位浮上!!

今季の城北は応援のしがいがある。
だって、開幕節で1部昇格後初勝利をあげれば、第2節はこれも初体験の逆転勝利。
都合で取材に行けななったが、第3節は2-1と辛勝した結果、試合数が多いこともあるが、ついに首位に躍り出たのだ!
そんなわけで第3節は結果報告のみとなってしまったが、ここでは第2節後の川監督インタビューをお届けする。
「初」尽くしの中でも監督は冷静に「脳みその転換」を強調するのだった。
脳みそ?

 

去年、一昨年だったら負けか引き分け試合だった

Pivo! いやあ、見事な逆転勝利!

川﨑 いやいやいや(笑)。

Pivo! 正直いうと、相手は勢いがあるチームだし、逆転された前半の流れからすると勝てるとは思わなかったが、監督はどう受け止めていたか。

川﨑 前半別に形が悪かったわけじゃなくて、失点の獲られ方も崩されたわけではなかったんですね。それに、まあ、負ける相手ではないと思ってたんですけど、自爆が多いっていうのがこれまでの例でしたね。

リガーレの情報としてはフットサルの形をつくってくる攻撃的なチームっていうのは聞いてたんですけど、まずうちの今日のテーマはハードワークしてそこをさせないっていうことが1つ。もう1つは、その中でフィニッシュで終わるということで、思ったよりも崩せるようになったと思ってるんですよ。

それはサッカーの崩しじゃなくてフットサル的な崩しの中で、ピサーダで落として、縦抜いてファー詰め。相手のキーパーがすごくうまかったから、結構防がれてたんですけど、そこらへんは徹底して続けなさいといってたんですね。決して内容は悪くないからって、ハーフタイムでいいました。

で、後半も、とにかくつないで、うちは基本的に蹴ることをしたくないんで、つないで、つないで、つないでっていうところからテンポを速くして決めてくれました。去年、一昨年だったら、まあ、負け、引き分け。それがヤツらは自信を持ってやってたから、そこらへんはたくましくなったな、と思います。

Pivo! ♯11のドリブラー、みゆ、彼女は今日、2ゴール1アシスト。

川﨑 みゆとユイ(♯14)には約束してて、3点ずつ獲りなさいと。その得点はアシストもオッケーにしてるんです。なので、得点+アシストでみゆが3点、ユイが1ゴール。この左利きの2人がうちの攻撃のストロングポイントとオレは思ってるし、いい仕事をしてくれました。

2人だけじゃないんですけどね。ほかにもいい選手いますけど。ただ、周りの選手がチャンスメークして2人が決めるというほうが自分の理想にかなってると思います。

最後(チーム4点目)、みゆが、よく、ゆいに出したと思って聞いたんですよ。“(ゆいが)見えてたのか!?”って。そしたら“見えてた”ってはっきりいったから、サッカーからフットサルに、もう、脳みそが転換してくれたかなと思いました。

逆転勝ちっていうのは今までなかったから、でかい

Pivo! まだ2節が終わったばかりだが、チームとして得た自信は大きいのでは?

川﨑 でかいです。逆転勝ちっていうのはあんまり今までないから。

Pivo! いや、見たことない!

川﨑 (爆笑)だから、まあまあ、よかったかなと思います。かなりの自信にはなるけど、まあまあ調子に乗らずに1試合ずつですね。

Pivo! 問題は戦力。今日はフィールドプレーヤーが9人ベンチ入りしたが、中心選手として出たのは、キャプテンの♯4りかこをはじめ、♯2のん、♯11みゆ、♯14ゆい、♯23ひなの5人。首位争いを続けていくうえで非常に厳しい。

川﨑 そうですね。ポイントで55番、29番を使ったりとかはしてますけど。

Pivo! その結果、当然ながら5人の疲労感もあって危険な時間帯もあった。その中で、のんがいいゴールを決めた。

川﨑 そうですね、あの、得意のトーキックで(笑)。

Pivo! これで勢いに乗りたい!

川﨑 そうですね。まあまあ、次は、La puerta戦。まあ、一個ずつ。ただ、よくつなぐようになったし。あと、自信と経験とだけだと思うんで。そこは変えずに、自信持たせるためにやろうかなぁと思ってます。

Pivo! 後半の終盤に、ゆいがライン間に侵入して、のんからパスを受けて、そこからシュートまで行っている。なかなかのプレーをするなあと思って見てたが。

川﨑 あそこがテーマですね。あそこがフットサルとサッカーの違いなんで、あそこに入って、受けて、あとはゴールまでどうやって直結させるかってところだから。ホントに、ミスはあるスポーツだけど、状況判断のトレーニングの成果は、ちょっとだけですけど、見えてきてるかなと思います。

Pivo! 話は替わるが、ペスカドーラ町田のスペイン人新監督に話を聞いたら、ブロックアンドコンテニューを結構、強調していた。

川﨑 そこが多分、サッカーとフットサルの違うところだから、それを取り入れたら、もうちょっとチーム力アップするかなと思います。

Pivo! 特に城北にはドリブルで運べる選手がたくさんいるから。

川﨑 そうなんです、そうなんです。さっきもあるチームのキーパーコーチとしゃべってたんですけど、やっぱりここ(都女子1部)ってレベルが低いと思うんですね。だけど、うちの子たちはサッカーやってきたから、基礎能力は高いし。そこはサッカーからフットサルに転向して、脳みそも転換させないと、というところが課題だと思います。

Pivo! まさに、脳みその転換が形になりつつあるところだ。

川﨑 ちょっとずつですけどね。ただ、時間がかかるところだから。じっくりやってきます。

Pivo! いや、いい試合を見せてもらった。

川﨑 いえいえ(笑)。ありがとうございます。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック