【サッカーパック人気4位】 負傷でU-22日本代表辞退の遠藤渓太、「できることなら行きたかった」と…

デジタルピヴォ! プラス

移籍初戦でいきなり勝ち越しゴール! 「監督に後半リズムを変えてくれといわれて、そのとおりできました」(ヴォスクオーレ仙台 ♯9 森村孝志)[F1第1節]

 

2019年5月25日  駒沢屋内球技場

(PHOTO,TEXT・山下浩正)

 

ヴォスクオーレ仙台。

 

Fリーグ選抜。

 

先制ゴールを決め歓喜のベンチに飛び込む仙台♯19加藤。

 

同点ゴールのF選抜♯11熊谷。

 

後半、♯14内野が♯13堀内に当て落としに飛び込んで勝ち越しゴールを決めた♯9森村。早くも中心選手たちと息のあったプレーを見せている。

 

最後は森村がピヴォ当てにいき受けた堀内がダメ押しゴール。その堀内を内野とともに祝福する森村。仙台の攻撃にF選抜の金井監督は笑うしかなかった。

 

Fリーグ2019/2020 ディビジョン1 第1節
Fリーグ選抜 1-3 ヴォスクオーレ仙台
[得点経過]
0-1 05分05秒 仙台 19 加藤翼
1-1 06分11秒 F選抜 11 熊谷貫太郎 
1-2 21分35秒 仙台 9 森村孝志
1-3 29分19秒 仙台 13 堀内迪弥

 

6シーズンを過ごした大分から仙台へ

監督に求められた仕事を全うして移籍初戦に初ゴールをあげる。移籍選手にとってこんなにうれしく充実した瞬間はないだろう。森村孝志(27歳)。6シーズンを過ごしたバサジィ大分で通算193試合53ゴールをを記録し、大分時代と仙台移籍直後にも日本代表としてプレーしている。移籍して、いきなり1stセットで先発した森村に対してホセ フェルナンデス監督からどんな指示が出たのだろうか。

 

すべてのポジションをこなしてほしい

(残り 2131文字/全文: 2755文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック