【サッカー人気3位】清水と浦和に「ロジック」を植え付けたロ…

デジタルピヴォ! プラス

その敗戦を糧に。ヴィンセドール白山の戦う者の覚悟[F2]

2019年5月15日
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

「勝ちますよ」。

今をさかのぼること1ヶ月前の5月15日、ヴィンセドール白山・渡邊一城はすれ違いざまにそうつぶやいた。それが戦う者の覚悟である。それはF1であろうが、F2であろうが同じ。そして、相手が絶対王者・名古屋オーシャンズであろうと同じである。

試合が始まった。オーシャンカップ2回戦、白山は名古屋を相手に、前半だけで10失点をしてしまう。「これぐらいの差はあるとは思っていましたね。思った通りですよ、今の僕らの力だったら」と渡邊は振り返る。「これが現実」という言葉は重かった。だが、「初めから負けるつもりで行くヤツはいない」という気持ちは失われていなかった。ハーフタイムに喝を入れ直し、後半へ向かった。

(残り 851文字/全文: 1180文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック