【サッカー人気1位】阿部勇樹のプロ24年目にかける覚悟と思…

デジタルピヴォ! プラス

山本尚希新監督が感じた、ポルセイド浜田の成長[F2]

2019年5月15日
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

新監督の初公式戦は古巣が相手だった。オーシャンカップ2回戦、ポルセイド浜田を率いる山本尚希新監督は、見慣れたグリーンの古巣・デウソン神戸と対戦。昨季の全日本フットサル選手権の出場権をかけた戦いと同様に、互いに引かない戦いだった。

「もっときっちり守ってシンプルに点を獲ってシーゾーゲームにならない、完封するような試合をしたかったんですけどね。よく頑張ってできていた部分と、ズレができた時に修正できなかった部分、個人にやられたというイメージが大きかった」。

敗戦の将は、冷静に試合を分析。ポルセイド浜田の監督就任発表から1ヶ月半、チームカラーである青いネクタイがよく似合っていた。

(残り 698文字/全文: 1011文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック