タグ祭り!ライター大忘年会12/26(木)渋谷で開催

デジタルピヴォ! プラス

無料:10得点のY.S.C.C.横浜、首位に立つ[F2第2節]

2019年7月6日、横浜
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

Fリーグ2019/2020ディビジョン2 第2節
Y.S.C.C.横浜 10-1 ポルセイド浜田
2019年7月6日(日)横浜市平沼記念体育館 観客数:235人

[得点経過]
1-0 00分46秒 Y.S.C.C.横浜 88 樋口未樹也
2-0 01分20秒 Y.S.C.C.横浜 15 廣戸大志
3-0 16分58秒 Y.S.C.C.横浜 10  橋本裕貴
4-0 21分37秒 Y.S.C.C.横浜 88 樋口未樹也
4-1 29分05秒 ポルセイド浜田 12 宮本拓
5-1 29分52秒 Y.S.C.C.横浜 オウンゴール
6-1 30分40秒 Y.S.C.C.横浜 77 稲葉洸太郎
7-1 32分40秒 Y.S.C.C.横浜 10  橋本裕貴
8-1 33分32秒 Y.S.C.C.横浜 3 伊藤玄
9-1 34分14秒 Y.S.C.C.横浜 3 伊藤玄
10-1 39分22秒 Y.S.C.C.横浜 23 川崎柊音

▼もうひとりのMVP

JからFに転身した橋本裕貴の公式戦初ゴールを含む2得点。試合後、彼はMVPに選出されていた。

だが、もうひとりMVPがいる。試合開始早々に口火を切り、仕切り直しの後半開始早々にも得点を獲った人物。この日、Y.S.C.C.横浜に勢いをもたらしたのは、樋口未樹也だった。

『絶っ対昇格』を掲げる横浜は、開幕ホーム2連戦を終え、得失点差で首位に立った。

7試合しかないホームの大切さ

前田佳宏 Y.S.C.C.横浜・監督

2戦目ですが、前節の開幕の神戸戦が新しいシーズンになっているのはわかってはいても、どこかで前のシーズンが引っ掛かっていた感じがあってたので、今日が本当にシーズンの始まりという強い想いを持ってやれたと思います。

点数はこういった点差にはなりましたけど、それよりも大事にしていた自分たちのポイントがありました。それはセットプレーです。セットプレーでいかに自分たちが点数をものにするか、というところにこだわってゲームに挑みました。うまくいった部分とうまくいっていない部分があるので、映像を見ながら改善と修正をして次節に進みたいと思っています。

今日も多くのサポーターの方やファンの方がたくさん来てくれていたので、その人たちの笑顔をたくさん作りたいと思ってゲームをしました。最後の1分、1秒、最後まで全力でやろうと、最後までみなさんの笑顔を多く作れるようなゲームをしようと思っています。今日できたかどうかはわからないですけど、また次観たいなと少しは思ってもらえるようなゲームができたんじゃないかなと思っています。

――2試合を終えて手ごたえはいかがでしょうか?

前田 毎試合毎試合進化していくという面では、少し前に運んでいる部分があるとは思います。ですが、決してこれに満足することはなくまた次の試合に向けてまた少し前進したいと思います。自分たちのために、練習でやったことしかゲームには出ないと思うので、日頃から前進しよう、前に進もうという形で次に進みたいなと思います。

――最後まで点を獲り切れた、突き放したことに意味があると思いますが。

前田 今日は3つのセットで競い合う、どのセットが練習でやってきたことが出せるか、それを表現できるかしっかり試されているということを話していました。そういった思いもこの点差につながった部分の要因だと思います。

――新加入の橋本選手が2ゴールを決めましたが、彼に関してはいかがでしょうか?

前田 シーズン始まった当初は苦労した部分があったと思いますが、彼の素晴らしい人間性が成長の速度を早めていると思います。今日は初ゴールを決めているのでゴールの部分に目がいくとは思いますが、なぜ彼がゴールを獲るまでに至ったかという部分がすごく大事だと思います。偶然な点数ではなく、彼はシュート力もありそこにフットサルならではの動きを入れてフットサルのピッチの中で行きついたというのが素晴らしいと思います。ただ、彼は勝気な性格なので、まだまだ自分はこれだけじゃ終わらないと言っていますので、また次も期待してほしいと思います。

伊藤玄 Y.S.C.C.横浜

この試合に臨むにあたって、チームの今年のスローガンである『絶っ対昇格!!』という部分を考えた時に、7試合しかないホームで1試合1試合僕らは進化して成長して前進していかないといけないという自覚がありました。前節の神戸戦でできたこととできなかったことに加えて、相手の浜田さんの特徴であったり僕らが意識していたセットプレーだったり、いい準備ができてその準備したことを出せたこと、出せなかった部分もありましたけども、総じて前節とは違った一つ前に進んだチームというものをサポーターのみなさんに魅せれたんじゃないかなと思います。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック