【サッカーパック人気1位】 ラスト5試合を残して、ついに首位に肉薄。それでもマリノスがやるべきこと…

デジタルピヴォ! プラス

無料:完全アウェーの荒れたゲーム展開。浜松、初黒星[F2第3節]

2019年7月21日、北九州
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

Fリーグ2019/2020ディビジョン2 第3節
ボルクバレット北九州 4-1 アグレミーナ浜松
2019年7月21日(日)北九州市立総合体育館 観客数:1,467人

[得点経過]
0-1 11分10秒 アグレミーナ浜松 55 中村章
1-1 21分38秒 ボルクバレット北九州 9 横山巧
2-1 22分41秒 ボルクバレット北九州 20 清水誠也
3-1 28分00秒 ボルクバレット北九州 20 清水誠也
4-1 38分44秒 ボルクバレット北九州 14 ウーゴ サンチェス

▼敗戦以上の痛手

浜松は中村章の古巣への一撃で先制。だが試合は荒れ始め、両チームとも熱くなり審判もコントロールが難しい展開になっていった。終わってみれば、イエローカードは両チーム合わせて7枚を数えていた。

浜松は北九州に敗れ、2勝1敗。そして、主力2名が負傷の痛手を負った。

▼この悔しさを忘れずに

豊島明 アグレミーナ浜松・監督

いまさら何を言っても言い訳になりますので、勝負に負けた、それだけです。

――先制もし、いいリズムだったと思います。

豊島 前半はスコアからしてもプラン通りの展開だったんですけど、後半に早い段階で失点してしまったことで相手に勢いがついてしまった。その勢いを止められなくてやられたような試合内容だったので、前半のような戦い方が後半にできなかったのがすべてだと思います。

――局面でのマッチアップは厳しかったと思いますが。

豊島 そのあたりもつべこべ言っても何も始まらないですが、正直フェアだとはまったく思わないですけど、そこの戦う意思があったと思うので、そこをうまくかわせなかったということだけだと思います。次、やり返すチャンスはあるのでこの悔しさを忘れずに戦おうと思います。

――萩原選手と日永田選手が試合中に負傷をしてしまいましたが。

豊島 事故は防げないものですが、けが人が2人出てしまい他にもけがをしている選手がいます。彼らが現段階ではどういう症状かわからないですけども、来週のホームゲームに少し厳しいのかなと思います。主力二枚を失ってしまったので厳しい試合になると思います。

――2試合後(第5節)には首位の横浜との対戦があります。昇格に向けて負けられない相手だと思いますが。

豊島 横浜は去年最終節まで首位か2位かわからなかったチームですので、そういったチームと当たれるということは喜ばしい反面、そういうチームをかわしていかないとF1に上がっても落ちてしまいます。今日もそうですがしっかり勝っていかないと上がったとしても厳しい戦いが待っているだけですので、しっかり倒していけるように準備をしたいと思います。

中村友亮 アグレミーナ浜松

点は獲れたということはよかったと思いますけど、そこで自分たちがいいゲーム運びができればよかったんですけど、一番やられてはいけない後半の頭で失点したのがこのゲームのすべてだったと思います。

――北九州のオフェンスについてはいかがでしたでしょうか?

中村 ピヴォを使ってくるというのはスカウティングできていましたけど、1失点目はピヴォに当てられて外を回られて誰が付くのかというところでミスが起きてしまったので、そういうところから練習からやっていかないといけないと思います。練習ではできていても本番になってミスが起きると失点につながってしまうので、声が聞こえなくてもどうするかというところまで突き詰めていければと思います。

――まだ3試合しかしていませんが、F2という舞台についていかがでしょうか?

中村 1節や2節はF2はどういう戦いをしてくるのかわからなかったので様子を見ながらというのはありましたけど、今日はF1ぐらいの強度で相手も来てくれました。こですが、こういうゲームで勝てないと優勝して上がったとしても戦えないと思いますので、強度を保ちたいと思います。他のチームもこういった強度のところまで来てくれると、もっとF2のレベルが上がるんじゃないかなと思います。

――まだ試合数は残っています。今後についてどういった準備をしていきたいとお考えですか?

中村 北九州と初めて戦って、北九州のスタイルはやっていてわかりましたけど、逆に相手は僕らのスタイルが分かってもらえたのかなという部分があります。僕たちの自分たちのフットサルを、こういうことをやりたいということの精度を高めてやっていかないと上位と当たると厳しいと思います。練習からこういうことをやりたいということを、見ている人が分かるぐらいのフットサルをやっていきたいと思います。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック