田代有三はなぜオーストラリアでセカンドキャリアをスタートさせたのか?(J論)

デジタルピヴォ! プラス

無料:デウソン神戸GK馬場翔太郎に訪れた2度の第2PK[F2第3節]

2019年7月21日、北九州
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

Fリーグ2019/2020ディビジョン2 第3節
デウソン神戸 0-4 広島エフ・ドゥ
2019年7月21日(日)北九州市立総合体育館 観客数:220

[得点経過]
0-1 08分21秒 広島エフ・ドゥ 11 小松遊斗 
0-2 23分16秒 広島エフ・ドゥ 29 三島光太郎
0-3 34分55秒 広島エフ・ドゥ 29 三島光太郎
0-4 35分56秒 広島エフ・ドゥ 12 佐々木諒 (第2PK)

▼2つの第2PK

デウソン神戸のGK馬場翔太郎は、広島エフ・ドゥの佐々木諒と二度対峙した。

前半の終盤、デウソン神戸は6つ目のファウルを犯す。だが、この窮地を馬場が救った。佐々木の放った一撃を胸で弾き、第2PKを阻止。押し込まれながらも前半を1失点で抑え、後半に望みをつなげた。

後半も神戸は6つ目のファウルを犯す。2度目の第2PKは馬場の左を通り抜け、佐々木が勝利。神戸の4失点目が記録されていた。

▼申し訳なさと頑張る気持ち

鈴村拓也 デウソン神戸・監督

終始押し込まれて非常に苦しい試合だったので妥当な結果だと思います。現時点での能力ということでしっかりと敗戦を受け止め次に向かって、次の対戦する時は勝てるように取り組んでいきたいと思います。

藤川朋樹 デウソン神戸

試合に向かう姿勢や中身、技術やメンタルの面で、選手としてすべて劣っていたと思います。練習環境だったり移動やホテルの手配だったりしていただいているのに、選手は何一つ返せていないのでスタッフに申し訳ない気持ちと頑張る気持ち、そういった気持ちの部分で負けていたので出直してやり直すしかないです。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック