タグ祭り!ライター大忘年会12/26(木)渋谷で開催

デジタルピヴォ! プラス

無料:戦いの本質とは何か?ポルセイド浜田、試練の時[F2第3節]

2019年7月21日、北九州
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

Fリーグ2019/2020ディビジョン2 第3節
ポルセイド浜田 1-9 トルエーラ柏
2019年7月21日(日)北九州市立総合体育館 観客数:177

[得点経過]
0-1 08分37秒 トルエーラ柏 5 碓井雅貴
0-2 12分44秒 トルエーラ柏 9 樋口岳志
0-3 16分06秒 トルエーラ柏 17 根津卓巳
1-3 20分27秒 ポルセイド浜田 3 霜出聖也
1-4 22分56秒 トルエーラ柏 9 樋口岳志
1-5 29分47秒 トルエーラ柏 9 樋口岳志
1-6 30分08秒 トルエーラ柏 12 林賢治
1-7 34分51秒 トルエーラ柏 18 宗像紘輝
1-8 38分19秒 トルエーラ柏 9 樋口岳志
1-9 39分51秒 トルエーラ柏 17 根津卓巳

▼戦う本質とは何か?

淡々と時間は進んでいく。淡々と失点を積み重ねていく。そして試合は終わった。

戦う本質とは何か? 去年と一緒にならないために、去年と変わったことを示すために、ポルセイド浜田はその試練の時を迎えている。

▼このリーグを戦う心の部分

山本尚希 ポルセイド浜田・監督

前試合に続き、うまくいかないシーンとうまくいっているシーンを見極めて次につなげていかないといけないと感じています。まだまだこのリーグで戦い切れる力ははっきり言ってないですので、技術的にもそうですし戦術的にもそうですし、戦える集団になれるように自分が先頭に立ってやっていかないと、と再確認をさせていただきました。

できていないというのは、指導に当たっている監督である僕の責任です。まだ長い時間をかけていかないといけないものであると思いますし、諦めずに前を向いて進んでいかなくてはいけないと思います。

――前節のY.S.C.C.横浜戦で大敗をし「去年と一緒と」おっしゃっていました。今回も大敗ですが、いかがでしょうか?

山本 僕が「去年と一緒」と言ったのは、選手たちを変えてあげれていない、選手たちを戦わせる姿勢に引っ張っていけていないということでした。技術的にはうまくなっています。うまくなっていると言っていいレベルではないかもしれないですけど、幅は小さいかもしれないですけど少しずつ少しずつうまくなっています。布田は自信を持って背負えるようになってきていますし、一人で持っていけれるようなシーンも作ってくれています。ただ、僕が監督に就任させてもらって、選手たちをまだ変えてあげることができていない。気持ちの面であったり、ピッチで戦う時の本質を変えてあげれていない。そういう言い方では今日も一緒です、まだ変えれてない。でも、どこかに響く場所は絶対あると思うし、負けて悔しいはずです。どれだけの時間になるかわからないですけども、次こそは次こそはという気持ちを持って、みんな姿勢やメンタルを変えてあげられるように取り組んでいくしかないという感じですね。

――三浦(祐人)選手が少ししか出場しませんでしたが、けがの影響でしょうか? 

山本 けがをしていますが、悪化はしていません。ただ、本人の意思を汲みたいですけど、使わない方がいいと判断しました。三浦以外にけが人も多いですし、布田であったり霜出であったり長い時間負担をかけてしまっている選手もいます。選手が増えればまた考え方は変わってくるかもしれないですけど、今いる人数でどう戦えるかということを模索しています。

また、けがをするということは監督の責任でもあるので、練習の負荷や集中力であったり雰囲気づくりからしていかないといけないので、そういったところから積み上げれたらいいなと思います。

布田有祐 ポルセイド浜田

前半の立ち上がりの入り方から、Fリーグという舞台で戦っているチームではなかったと思いました。できている部分もありますけど、精度に関しては全然追いつけていないですし、このカテゴリーでする以上は練習一つに関してもこれでいいだろうではなく、練習から試合に目指していかないと去年と同じ結果になってしまうと思うので、次の白山戦までにはチームが一つになれるように出直したいと思います。

――監督が後半ベンチに座ったまままったく動きませんでした。そのことについてどう思われましたか? 

布田 前半ああいう戦いをしていたらそうなるなと。あれだけ練習をしてきて、試合前にもこうしようと話して、それができなかったわけですから。 

山本 僕としては、言い過ぎたら余計できなくなると思ったんですよね。この強度の中で徹底してプレーができるか見てあげるしかない。ハーフタイムの最初にやるべきことは伝えたので、それ以上言ったら負担になると考えていました。足元の技術や体の強さ、スピードは一朝一夕で身に着くわけではないし、ハーフタイムで言ったからといってその部分がすぐに変わるわけではありませんし、その差は長い時間をかけなければならない。ポイントは伝えて考えろではなく、やるんだったら頑張ろうという感じでしたね。 

――気持ちを見せろと。 

山本 そこに訴えかけるしか変わる方法はないのかなと思います。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック