『俺のやることが山雅の伝統になってくれたら嬉しい』田中隼磨がJ1残留に向けて示す覚悟とは(J論)

デジタルピヴォ! プラス

アグレッシブが売りな子なので(笑)(バルドラール浦安ラス・ボニータス #5 臼杵深徳)[関東女子・2節]

 

2019年7月13日 取手グリーンスポーツセンター
(PHOTO、TEXT なか)

 

自称、ダンプとか、ハルク、ゴリラなど、自虐的でエキセントリックなキャラクターであるのが、バルドラール浦安ラス・ボニータスの 臼杵深徳(うすき みのり)選手。
昨シーズンはthe sunkisst(現・東京都女子フットサル1部リーグ所属)でプレーしていたが、身体能力は高いものの、プレーのほうではいまひとつ自分自身を生かしきれてない感じであった。

昨シーズンは東京選抜に手を挙げて参加したり、年末には関東オールスターに選出され、お祭りムードの中、2ゴールを奪い、さらにパフォーマンスで観客の視線をくぎづけにした。チーム以外の活動の中でさらなる自信を持ったのか、もっと高みを目指す気持ちに火がついたのか、彼女は関東女子フットサルリーグとともに、日本女子フットサルリーグにも籍を置く、バルドラール浦安ラス・ボニータスへと移籍した。

 

 

SuperSports XEBIO 第10回関東女子フットサルリーグ2019 by PENALTY

バルドラール浦安ラス・ボニータス 3-0 TapaZida

[得点経過]
1-0 07分35秒 ラスボニ #18 平井成美
2-0 22分47秒 ラスボニ #16 中井仁美
3-0 36分42秒 ラスボニ #5 臼杵深徳

 

#5 臼杵深徳(うすき みのり)

 

臼杵 何のインタビューですか?

Pivo! えっ? 勝利のインタビュー。

臼杵 本当に?

Pivo! 本当のインタビュー。

臼杵 うそでしょ? 本当のやつ?

Pivo! 本当に、本当の。

臼杵 何のインタビューですか?

Pivo! デジタルピヴォ!の。

 

臼杵 うそっ? わたしでいいんですか? じゃあ、よろしくお願いします。

Pivo! よろしくお願いします。今シーズンからラスボニに移籍ですが、何チームか見てまわりましたか?

臼杵 いや、東京都選抜に入ったときに、千葉県選抜と対戦をして、そのときに千葉県選抜のフットサルがすごいいいなーって思って、そのときのコーチがいばさん(茨木コーチ)だったので、そのときちょうどヨネさん(米川監督)からも声をかけてもらっていて、レベルアップしたいと思っていたので、行きたいなって意思を決めました。もう、ここでやりたいなって思いました。自分の代表を見据えてヤるんだったら、このチームがいいなって思っていたので。

Pivo! それが決め手ですか?

臼杵 そうですね、はい。

Pivo! 昨シーズンのラスボニって、ケガ人が多かったり、代表の活動で人がいなかったりがありましたけど、今シーズンのラスボニの雰囲気ってどうですか?

臼杵 かなり入れ替わりがあって、ベテランだった選手が抜けて、かなり一新して、新しい選手が9人入ったので、だいぶフレッシュな感じで、どちらかというとアグレッシブに声もみんなで出して練習はしています。

Pivo! 相変わらずアグレッシブさが全面に出ていますね。

臼杵 はい、アグレッシブが売りな子なので(笑)。

(残り 1712文字/全文: 2946文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック