都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

デジタルピヴォ! プラス

そろそろ健司くんには負けないぞ[ファイルフォックス八王子 #1 高橋康奥](関東1部・第3節)

2019年7月20日 エスフォルタアリーナ八王子
(PHOTO、TEXT なか)

 

1勝1敗でホーム戦を迎えるファイルフォックス八王子。
ホームゲームだけに、F参入を目指すために、負けられない試合。
ゴールマウスを守る #1 高橋康奥選手はひときわ目立つ。
どんなキーパーでもするのが、ここぞというシーンで、シュートをしのいだときにするガッツポーズとシャウト。
誰よりも、魂のこもったガッツポーズとシャウトで存在感を示す。
非常に絵になるため、自然とシャッターを落としてしまう。

 

SuperSports XEBIO 第21回関東フットサルリーグ1部 by PENALTY
ファイルフォックス八王子 5-2 バディランツァーレ

1-0 02分05秒 ファイル   7 田辺凌
2-0 04分47秒 ファイル   11 榊駿
2-1 14分20秒 ランツァーレ 99 五十嵐雄太
2-2 19分06秒 ランツァーレ 10 町田雄飛
3-2 24分08秒 ファイル   18 三木一将
4-2 25分29秒 ファイル   16 柳澤里木
5-2 38分09秒 ファイル   7 田辺凌

 

先制点はファイルの#7 田辺のゴール。

 

続いて #11 榊。

 

油断をしていたら、GKの#99 五十嵐のパントキックで1点を返される。

 

ランツァーレの#10 町田のゴールで追いつかれる。

 

ランツアーレ #11 高橋にレッドカード。

 

このチャンスに#18 三木がしっかり決めて、再びファイルの勝ち越し。

 

追加点を #16 柳澤が決める。

 

田辺で始まり、田辺で終わる。PP返しでさらにダメ押しの1点。

 

 

Pivo! 今日はホームでの勝利、おめでとうございます。

高橋 ありがとうございます。

Pivo! 今日は2点獲られてしまいましたが、結構、神セーブ的なシーンを連発していたように思えますが。よく止められていたと思いますか?

高橋 止められたというのもありますけど、ディフェンスがしっかり寄せてくれたというのもあったんで、僕だけのセーブというよりかは、チーム全体がしっかり守備したうえでのセーブだったのかなと思うので、僕が神セーブっていうよりは、ディフェンスのおかげかなと思っています。

Pivo! 謙虚ですね。

高橋 (笑)はい。

Pivo! 前半、相手のキーパーの五十嵐選手、あれが入るとは、残念でしたね。

高橋 あれは僕自身、ボールが出たと思っていて、出ると直接のキックがないから、スローだと思うんですよ、だから、前の選手潰しに行って、 怖くない状況にしようかなと思ったけど、実は出ていなかったっていう、完全に僕のミスです。

Pivo! かなり油断していました?

高橋 まぁ、なんで蹴っているんだろうって思ったぐらいですけど、僕のミスです。そういったところは、突き詰めて頑張ります。

(残り 2577文字/全文: 4271文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック