Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

デジタルピヴォ! プラス

パワープレーの守備のトレーニング不足だった。(フウガドールすみだレディース・北隅智宙監督)[全日本女子関東大会]

来季から女子Fリーグに参戦するフウガドールすみだレディースにとって負けられない一戦だった。

2019年9月8日 山梨県立小瀬スポーツ公園体育館
(PHOTO,TEXT・山下浩正)

 

この日2試合目のタパジーダにとって難しい試合となったが、こちらも負けられない。

 

先制点を決めたフウガレディースはキャプテンの♯5長谷川明子が追加点を決めた。

 

2点を先取されたタパジーダは相手に身を隠すようにして♯17柴田茜がGKユニフォームを着込む。

 

残り5分強、パワープレーを開始したタパジーダは15秒後に1点を返す。自らゴールを決め飛び上がって喜ぶ柴田。

 

さらにタパジーダは2分後、パワープレーから、♯9川島梓のシュートパスを♯16三好麗がファーで押し込む。

 

結局試合はこのスコアのまま終了しPK戦に突入する。

 

先攻のフウガレディース5人目のシュートをタパジーダ♯1松尾栄里子が止める。

 

その裏、タパジーダは♯16三好が決めて勝利。歓喜を爆発させた

 

サポーターに勝利の報告をするタパジーダの選手たち。準決勝進出が決定した。

 

JFA 第16回全日本女子フットサル選手権大会 関東大会1日目
M7 フウガドールすみだレディース 2-2(PK4-5) タパジーダ
[得点経過]
1-0 16分 フウガレディース
2-0 16分 フウガレディース 5 長谷川明子
2-1 25分 タパジーダ 17 柴田茜
2-2 27分 タパジーダ 16 三好麗
(30分プレーイングタイム)
[PK戦]
    フウガ    タパジーダ
1   ♯5 ⚪︎     ♯9 ⚪︎   
2   ♯8 ⚪︎     ♯17 ⚪︎
3   ♯13 ⚪︎     ♯8 ⚪︎ 
4   ♯10 ⚪︎     ♯7 ⚪︎ 
5   ♯7 ×      ♯16 ⚪︎

 

関東リーグのライバル対決

11月2~4日に石川県で開催される全国大会に向けて2つの出場権を争う関東大会の1、2回戦が9月8日に行われ、1回戦で十条フットボールクラブレディースを破って2回戦に進出したタパジーダ。相手は、同じ関東リーグで覇を競い、前年度同リーグ1位の実績で1回戦シードのフウガドールすみだレディース(以下、フウガレディース)だ。
来シーズンから女子Fリーグ参戦が決まっているフウガレディースは人気度、話題性からいっても優勝候補の一角だが、こと、関東リーグでは今季ここまでタパジーダの3位に対して5位とほぼ同格。どちらも負けられない試合だ。

試合は0-0で迎えた後半、フウガレディースが2点先行するが、ここからタパジーダが2点奪取し、2-2のままPK戦に突入。タパジーダが5-4で勝利した。
試合後、インタビューに応じたフウガレディースの北隅智宙(きたずみ ともひろ)監督は勝利をたぐり寄せようと絶叫また絶叫のコーチングだったのだろう、のどがつぶれて、声がガラガラだった。

 

フウガドールすみだレディース北隅智宙監督インタビュー

この日2試合目の相手に走り合いで勝負した

(残り 1344文字/全文: 2548文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック