Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

デジタルピヴォ! プラス

最初はガチガチだったけど、やっているうちにどんどん力も抜けていった(DREAM Futsal Park/PORCO #4 石川成美) [全日本女子関東大会]

山梨県立小瀬スポーツ公園体育館 2019年9月8日
(PHOTO,TEXT・なか)

 

1回戦、日本女子フットサルリーグに所属する流通経済大学メニーナ龍ケ崎を相手にシーソーゲームの末、勝利を手にし、2回戦へとコマを進めた。
2回戦も、日本女子フットサルリーグに所属するチーム。
昨年も、関東大会で対戦した相手のバルドラール浦安ラス・ボニータス(以下、ラスボニ)。
今年こそはという思いもあったかもしれない。

昨年のラスボニは補強自体はよかったが多くのケガ人を擁していた。
今シーズン、江川涼、石井佐代子、笠井奈津子の3名の退団、それ以上に10人もの補強に、昨年と比べてもケガ人が少ない。
非常に手強い相手だ。

DREAM Futsal Park/PORCO(以下、PORCO)も今までの活動で得てきたことや、昨シーズンの悔しい思い、新しいメンバーを加えての強化と、成長をしてきているはずだ。
年々力をつけてきているPORCOとして、どこまで通用するのか。

 

JFA 第16回全日本女子フットサル選手権大会 関東大会

■1回戦
M5 DREAM Futsal Park/PORCO(群馬県代表)3-2 流通経済大学メニーナ龍ヶ崎(茨城県代表)

 

■2回戦
M10 DREAM Futsal Park/PORCO(群馬県代表) 0-8 バルドラール浦安ラス・ボニータス(千葉県代表)

 

 

キャプテン #13 木元智美選手は果敢にゴールを目指すも、ゴールを割ることができなかった。

 

#18 松田美咲もゴールを奪えなかった。

 

 

石川成美(いしかわ よしみ)

 

石川 あー、疲れた。

Pivo! お疲れ様です。1試合目は見れていなかったんですけども、シーソーゲームだったみたいですね。

石川 そうです、シーソーゲームで、もうどっちが勝ってもおかしくないようなゲームでした。

Pivo! 負けなかったですもんね。

石川 そうですね。

Pivo! 負けないで勝ち上がって、ラスボニとやって。その前にメニーナとやってみてどうでしたか?

石川 やっぱ、ボールのスピードとかも全然違いますし、Fリーグにいるっていうことに、自分たちもちょっと緊張しちゃって、最初はガチガチだったけど、やっているうちにどんどん力も抜けていって、こういう結果になりました。

Pivo! 見た目、本当にだいぶシュッとしましたよね。

石川 (笑)。本当っすか? ありがとうございます。

 

Pivo! なかなか髪型もそのスタイルにあっていますね。シュッとして動きとか変わりました?

石川 そうですね、ちょっとは・・・ちょっとだけ、動きがよくなりました。

Pivo! 今日の対戦相手はどっちも日本女子リーグ所属のチームでしたね。

石川 はい。

Pivo! どうですか、日本女子リーグを相手にして。

石川 いや、こんな日本女子リーグと、こうやって戦える機会もないので、とてもいい経験になりました。

Pivo! 去年も、選手権でラスボニと当たりましたよね。

石川 そうですね。

 

Pivo! ラスボニは去年以上に選手層がだいぶ厚くなっていましたよね。

石川 はい。

Pivo! やってみてどうでした?

石川 いやー、去年と全然違って、レベルもだいぶアップしていて、歯も立たずって感じで。

Pivo! 最後、だいぶ畳み込まれたって感じですね。

石川 そうですね。

Pivo! 今日の対戦相手の2チーム、相手の選手で誰が1番嫌でしたか?

石川 えーっ、ラス・ボニータスの15番が1番嫌でしたね。うまいです、やっぱ。

嫌なラスボニ #15 伊藤果穂選手からは1試合で3失点。

(残り 1166文字/全文: 2844文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック