『俺のやることが山雅の伝統になってくれたら嬉しい』田中隼磨がJ1残留に向けて示す覚悟とは(J論)

デジタルピヴォ! プラス

昨年は地元福島でプレー、春に戻ってきて8月の終わりに入団(the sunkisst #5 山口果奈)[東京都女子1部・第11節]

葛飾区奥戸総合スポーツセンター 2019年9月14日
(PHOTO,TEXT・なか)

 

前期も終了する第11節、the sunkisstに見覚えのある選手が入団した。
久しぶりに見た彼女。
彼女は今までどこで何をしていたのか。

 

先制点は十条 #21 老子のゴール。

 

ゴール正面走り込んできたサンキスト #18 藤本の同点弾。

 

中央から放った十条 #6 宮下のミドルは、GKの頭上を越えゴールに吸い込まれた。

 

コーナーからゴール前に出てきたボールを処理しきれず、間から出てきたサンキスト #16 新嶋がゴールに蹴り込む。

 

再びサンキストを突き放したのは、ゴールド真ん中にたたき込んだ#6 宮下の2本目。

 

前にディフェンスを置きながらも #15 反町が同点弾を決める。

 

最後は サンキスト #18 藤本のシュートがバーに当たって跳ね返り、逆転のブザービートにはならず。

 

 

第17回東京都女子フットサル1部リーグ2019 第11節
the sunkisst 3-3 十条フットボールクラブレディース

0-1 09分 十条FC  #21 老子千夏
1-1 18分 sunkisst #18 藤本優希
1-2 19分 十条FC   #6 宮下雅子
2-2 20分 sunkisst #16 新嶋由紀
2-3 24分 十条FC   #6 宮下雅子
3-3 27分 sunkisst #15 反町未来

 

山口果奈(やまぐち かな)

Pivo! シーズン途中からの登録ですが、今までどこかではやっていなかったんですか?

山口 今までは、地元が福島なんですけど、去年1年間、福島のチームで所属していたんですけど、その前はエストレーラでずっとフットサルやっていました。

Pivo! 去年は地元に帰っていたんですか?

山口 そうです、はい。

Pivo! 久しぶりに戻ってきたということですね。

山口 4月に東京に戻ってきて、それで最近サンキストに入ったので、その間がずっと空いていて。

Pivo! それでは、今年の半年間は動いていなかった。その割には結構動けていた。

山口 なにも動いてなかった、はい。動けてないですよ、本当に。キツかったです。

Pivo! いや、なんか途中で入ってきた割には、うまくつながっていたのかなって見えたので。

山口 そうですかね。

入団直後の試合から、スタメンでの起用。

(残り 1770文字/全文: 3279文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック