【サッカーパック人気5位】 ユース所属の池田航、松田詠太郎、ブラウンノア賢信のトップチーム昇格に「…

デジタルピヴォ! プラス

選手たちが頑張ってくれて全日でここまで来れてよかった。(シュートアニージャ・岩崎夏美監督)[全日本女子関東大会]

 

2019年9月14日 山梨県立小瀬スポーツ公園体育館
(PHOTO,TEXT・山下浩正)

 

JFA 第16回全日本女子フットサル選手権大会 関東大会
準決勝 M11 タパジーダ(東京都第2代表) 2-1 シュートアニージャ(神奈川県第1代表)

11月2~4日、石川県で開催される全国大会に向けて2つの出場権を争う関東大会の準決勝が9月14日に行われ、神奈川県第1代表のシュートアニージャはあと1つで全国への切符が手に入る準決勝に駒を進めながら惜敗、既報のとおり3決へと進んだ。

アニージャの岩崎夏美監督は関東のフットサル界で知る人ぞ知る存在。豊富なフットサル経験をもとにチームに戦いのスピリットを注入し常勝チーム構築のためにシーズンインを前に大野前監督からバトンタッチ。負けん気の強さでチームをけん引、初の全日本関東大会での指揮だった。

シュートアニージャ岩崎夏美監督インタビュー

サッカーから来た子が多くて

(残り 972文字/全文: 1373文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック