再現性の低いサッカーに未来はないのか?風間グランパスとポステコ・マリノスで分かれた明暗(J論)

デジタルピヴォ! プラス

チーニョ、1ゴール2アシストの大活躍で柏を勝利に導く![F2第10節]

2019年11月3日 柏市湘南体育館
(PHOTO,TEXT・山下浩正)

今節ポルセイド浜田に勝って第7節以降3勝1分けと無傷の進撃を続けるトルエーラ柏。これでホーム3連勝だ。

 

Fリーグ2019/2020 ディビジョン2 第10節
トルエーラ柏 4-2 ポルセイド浜田
観客数:420人
[得点経過]
1-0 08分36秒 柏 14 柴田祐輔
1-1 13分26秒 浜田 10 橋岡翔大
1-2 14分53秒 浜田 9 布田有祐
2-2 18分41秒 柏 8 永野雅也
3-2 24分37秒 柏 13 チーニョ
4-2 25分16秒 柏 9 樋口岳志

 

▪️記者会見
(試合を振り返って)
次に向けて必死こいてやらないといけない

松田大次郎トルエーラ柏監督 今日は(チームスポンサーの)東日観光DAYということで、またたくさんの方が訪れてくれたので、すごくありがたかったです。

その中で試合としては、もうちょっと自分たちのペースの時間をつくりたかったんですけども、ちょっと自分たちのところの部分でゲームをつくるっていうのができずに、後手後手になってしまった、っていうのが前半の同点に終わった要因だと思っています。その中で、選手たちも力をつけてきて、4対2という形ですけども勝ち切れたところはいいですけども、ま、満足している選手は誰もいないと思うので。また次に向けて、本当にもう、必死こいてやらないといけないなっていうのが自分の率直な感想です。

今日、相手の浜田さん頑張って一生懸命やってきたんですけども、ま、それも含めてですけど、やっぱり自分たちのところで、どれだけもっと自分たちでゲームを進められるかっていうところを練習すべきかなという気持ちを持ってこの試合を終わったっていう感じですね。以上です。

碓井雅貴トルエーラ柏キャプテン 結果的に4対2ってことで、前半先制して、そこから2失点立て続けに自分たちの悪い流れから失点したので、アンラッキーなゴールもあったんですけど、そこからでも4対2にしか巻き返せなかったっていうのは、ちょっとひどいなと僕は思いましたね。

で、浜田さん的にも前期戦ったときよりも成長してますし、それを踏まえて僕らはどうなのかなというふうに、ちょっと今日は思ったゲームでした。以上です。

(質疑応答)
4対2にしか巻き返せなかったのは、ひどい! 

Pivo! えっ、キャプテン、4-2にしかできなかったのはひどかった?

碓井 得点が全部で4点しか獲れないってのはちょっと。

Pivo! もっと獲れなきゃいけなかった?

碓井 そうですね。北九州との失点差(※)を踏まえて考えれば全然足りないと僕は思いました。
(※今節が終了して当面のライバルで2位のボルクバレット北九州の得失点差が+35に対して柏のそれは+19)

Pivo! 監督、自分たちのペースをつくることができなかった、それが前半2-2に終わった要因ということだが、相手が立ち上がりからものすごい勢いで前プレをかけてきた、柏はその圧に負けたということになるのか。

松田 ま、そうですね、自分たちのところの精神状態の部分だと思います。(前プレに)来たことによって、相手が今一番下の順位にいて、うちは3位にいて上を狙ってっていうので、その中で何回かうまくいかないっていうところで。ま、そういうときはあるんですけど、精神的にその部分でうまくいかないから、なんていうんですか、気持ちがうまくいかないでっていうところがあったんだと思います。

Pivo! 冷静につなぐべきところでつなげなかったりっていうことになってしまった?

松田 そうですね。ま、プレーよりも精神的に、失敗するのは当たり前なんですけど、失敗したときに、じゃあ、次やれるかっていうところの部分が、、。ま、予想よりもボールがつながらなかった、そこに対して落ち着くまで時間が必要だったということです。

(取材付記)
監督とキャプテンのコメントに関して僕として強烈に感じるところがありました。そこに関しては後日改めて記事にします。期待してください!

 

立ち上がり、浜田の前プレから奪われショートカウンターを仕掛けられる柏。

 

絶対に負けるわけにはいかない柏のその険悪なムードを打破したのが♯13チーニョ、彼のアシストで♯14柴田が先制ゴールを決めた。

 

その後2失点し逆転された柏だったが、前半終盤、♯17根津のセグンドへのシュートパスにディフェンスの裏を突いた♯3永野がダイレクトで合わせて2-2の同点にする。

 

カメラに向かってチームスポンサーのロゴを指すポーズをとる永野と柴田。

 

後半、永野の右キックインを約18mの距離からチーニョがダイレクトシュート。チーム3点目を鮮やかに決めチームメートの祝福を受ける。

 

そしてその時は来た。チーニョが敵陣に攻め込み浜田♯17本橋と交錯するもマイボールを得る。

 

ボールパーソンからのボールを持つとチーニョは脱兎のごとくコーナーアークへと走った。

 

そして、ディフェンスとゴールポストの間の狭い空間を突いてコーナーキックを放つ。このボールをゴール前の♯9樋口が決めた。点差を広げられず苦しむ中で勝利を決定的にしたアシストでありゴールだった。

 

▪️MVP級の大活躍をしたチーニョ個別インタビュー

先制したものの2連続失点で突き放され苦しい展開を味わった柏。その中で大活躍したブラジル人チーニョに試合後、話を聞いた。日本語が堪能でないブラジル人の会話は普通修正を加えたいところだが、チーニョの生コメントを楽しんでいただきたくてほぼ100%原文のママ掲載した。「?」と思うところはあなたのイマジネーションで補ってください!

(残り 2794文字/全文: 5115文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック