【サッカー人気4位】マルコス、エジガル、杉本竜士、遠藤渓太…

デジタルピヴォ! プラス

無料:城北、La puertaに逆転勝利![北区女子リーグ]

 

2020年1月5日 東京・北区滝野川体育館
(PHOTO、TEXT・山下浩正)

 

北区女子フットサルリーグ 第1節 第3試合
BALLENA BLANCA 城北 3-2 La puerta junto ladies

 

BALLENA BLANCA 城北

監督 
康裕
役員
中島瞳
選手
♯2 木村穏
♯4 片山理夏子
♯5 岩崎水希
♯6 伊藤美孔
♯8 飯田若奈
♯9 小林恵
♯14 中田優衣
♯23 尾崎緋菜
♯24 中田優衣/片山理夏子(GK)
♯17 三尾ひかり
◎得点者 ♯14 ♯23 ♯14

 

La puerta junto ladies

監督 
井上和昭
選手
♯2 細渕みなみ
♯5 田島優衣
♯6 吉井美月
♯8 大河原凛
♯10 吉田藍
♯23 小松優
◎得点者 ♯10 ♯10

La puert、新監督を迎えてチーム立て直しへ

第3試合は、滝野川をホームアリーナとするBALLENA BLANCA 城北と、La puerta junto ladiesの対戦。共に東京・北区を根城とするチームでライバル意識は激しいが、クラブの代表兼監督がチームと距離を置いていることもあってか東京都1部で最下位と低迷。上位リーグ入りした城北に水をあけられる状態となっている。それでもリーグ終盤に井上和昭新監督を迎えてからは情熱を取り戻し少ない人数ながら来季をにらんでこの北区女子リーグに参戦、奮闘している。

試合はLa puertaのファイター、♯10 吉田藍が2ゴールを決めて前半を0-2で折り返す。正ゴレイラが欠場の城北は前半、チームのポイントゲッター♯14 中田優衣にGKジャージーを着せるものの2失点。それでも後半、フィールドに戻った中田はすぐにゴールを奪う。さらに城北はその後、♯23 尾崎緋菜、中田とゴールを重ねて逆転。中田に替わって後半のゴールマウスを守った♯4 片山理夏子も失点をゼロに抑え勝利に貢献した。La puertaは戦力的に苦戦を強いられる状態が続くが折れずに立て直してほしい。

 

 

 

 

 

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック