【サッカー人気5位】「会いたかった! 約1か月半ぶりにチー…

デジタルピヴォ! プラス

カウンター狙って個の力を出せて勝てたのはよかった(FC クラッキ ♯8 志村礼生)[関東2部参入戦]

取材に立ち会ってくれたFC クラッキのゲームキャプテン♯8志村礼生、そして、♯11池原潤、チーム2点目のアシストをアピールした♯5廣瀬貫太、♯26山中亮二の4人(後列右端から反時計回りに)

 

2020年2月22日 ウイング・ハット春日部
(PHOTO、TEXT
・山下浩正)

 

第22回関東フットサルリーグ2部参入戦 1回戦
FC クラッキ(山梨県) 3-2 アッラヴィータスポルト群馬(群馬県)
[得点経過]
1-0 02分25秒 FC クラッキ 19 志村彰哉
2-0 12分57秒 FC クラッキ 6 志村亮
2-1 18分42秒 アッラヴィータスポルト群馬 14 市川朋紀
2-2 25分17秒 アッラヴィータスポルト群馬 オウンゴール
3-2 29分30秒 クラッキ 17 吉岡純 

 

自慢のドリブルで2回戦進出を決めたFC クラッキ。

 

惜しくも敗れた、アッラヴィータスポルト群馬。

 

3ゴールとも縦突破からゲット!

昨年の参入戦1回戦で、茨城県のヴェルダデイロ/WFに2-3で敗れ姿を消した山梨県のFC クラッキ。あれから1年、全員で1対1の仕掛けからのスピード感あふれるドリブルに磨きをかけて再びこの舞台に帰ってきた。試合は縦突破から2点リードしながらパワープレーなどで追いつかれる苦しい展開。それでも最後はこれも得意のドリブルから決勝ゴールを決め2回戦へと駒を進めた。その決勝ゴールをドリブルでアシストしたゲームキャプテンに喜びの声を聞いた。

 

前半2分過ぎ、チームリーダーの♯19志村彰哉が右縦突破から右足を振り抜き鮮やかな先制ゴールを決めた!

 

2-2の同点にされて迎えた終盤、クラッキは♯17吉岡純が志村礼のドリブルからのシュートパスを体ごと押し込む決勝ゴール!! クラッキは誰もがどこからでもドリブル突破を図る攻撃的なチームだ。

 

練習でやってきた形が出せてよかった

Pivo! ナイスゲーム!

志村礼 ありがとうございました。いやー、ずっと勝てなかったのでうれしいです。

Pivo! 去年が2-3で1回戦敗退。

志村礼 はい、そうです。

Pivo! 戦い方を見てメンバーがガラッと変わった印象を受けたが。

志村礼 いや、変わってないです。むしろ、逆に、抜けちゃったくらいで。

Pivo! あ、そうだった!? みんなスピードのあるドリブルを存分に発揮していたのでメンバーが変わったと思っていた。

志村礼 そうですね、自分たちの持ち味が個のドリブルなんで、そこは意識してプレーしました。

Pivo! みんなのサイドの縦突破が見事だった。

志村礼 いや、ありがとうございます。

Pivo! その得意のプレーからの2ゴール。♯19がまず決めて。これが縦突破で、♯6の2点目のゴールもドリブルから。今度は左サイドから。

志村礼 はい。

Pivo! 狙いどおりの攻撃でゴールを決めることができた。

志村礼 できましたね。練習でやった形が出せたんで、よかったです。

アイソレーションと連携と

Pivo! 全体の流れとしてクラッキはハーフに引いて待ち受けてカウンターという狙いとみたが。

志村礼 ホントはうちは前からプレスかけてハメたいんですけど、最初、前半はやってて、疲れてくるんで。後半からはそこを意識してカウンターを狙おうということにしました。

Pivo! なるほど。それがハマった。

志村礼 ハマりましたね。

廣瀬 はい、そうです。

(残り 2410文字/全文: 3789文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック