【サッカー人気1位】期限付き移籍選手の定点観測:名古屋グラ…

デジタルピヴォ! プラス

社会人として最高の趣味を最高に楽しむチームがエムエムだ!(FCmm ♯1 江波戸紘之)[関東入替戦]

 

2020年3月1日 ウイング・ハット春日部
(PHOTO、TEXT・山下浩正)

 

第22回関東フットサルリーグ1部・2部入替戦
バルドラール浦安セグンド(1部8位) 2-1 FCmm(2部2位)
[得点経過]
1-0 28分30秒 バルドラール浦安セグンド 20 成田彪我
2-0 33分35秒 バルドラール浦安セグンド 20 成田彪我
2-1 35分54秒 FCmm 13 平翔伍

 

最終試合が1部2部直接対決カード

12チームが参加し9試合が組まれた今年の関東フットサルリーグ参入戦・入替戦の最終戦は1部8位のバルドラール浦安セグンド(以下、セグンド)vs.2部2位のFCmm(以下、エムエム)の関東リーグ対決。この大会ならではの激しいせめぎ合いはセグンドの勝利となったが、敗れたFCmmにとっての朗報はチームからF2の選手を輩出したことだろう。デウソン神戸入りが決まった、ゴレイロの江波戸紘之(えばと ひろゆき)だ。江波戸は技術うんぬんよりもチーム愛を熱く語るのだった。

 

この試合、勢いで勝ったのはエムエム。その中核にいたのが♯29田中奨だ、フェイントで相手ディフェンスをはがし。

 

シュート! しかしボールはファーポストを直撃。決まっていたら試合の結果は変わっていたかもしれない。

 

後半8分過ぎ。セグンドがゴールクリアランスからカウンターを仕掛ける。♯20が写っていることに注目。

 

♯5岡田がすかさず前方へフィード。

 

このボールをいち早く走り出していた♯20成田がハーフラインを越えたあたりで受ける。約20mのピヴォ当てだ。

 

成田はためらうことなく反転シュート!

 

このシュートがエムエムの選手に当たってしまいエムエムにとって不運なオウンゴールに! (記録は♯20のゴール)

 

成田は身長186cmと長身の大型ピヴォ。仲間の喜びようからゴールの価値が伝わってくる。成田はこの5分後に第2PKも決めている。

 

エムエムは後半16分、キャプテン♯13平のゴールで1点差とするのが精一杯だった。

 

関西転勤がきっかけでデウソン神戸へ

Pivo! F2のデウソン神戸へ移籍が決まったと聞いた。

江波戸 はい、仕事で関西に転勤はしてて。地元でチームを探していたら、縁あってデウソン神戸に決まって。

Pivo! それはセレクションを受けたということ?

江波戸 あ、そうですね。セレクションを受けて、一応面談させてもらって、来季からトップチームでプレーさせてもらうことで話が決まりました。内定をもらっててチームの練習にも参加しています。

Pivo! で、今日は古巣の大事な試合ということで帰ってきたと。

(残り 3968文字/全文: 5091文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック