【サッカー人気5位】「今日の試合はディフェンスの選手たちを…

デジタルピヴォ! プラス

ゴール、そのままの勢いで柵越えジャンプ(AOH Futsal Club #14 青木克)[関東2部]

2020年9月5日 彩の国くまがやドーム体育館
(PHOTO、TEXT なか)

 

今年3月に開催した関東2部参入戦で、かつて関東リーグに所属していたNÖVO MENTEと、FC クラッキを破って入替戦に進出。
入替戦では、2部のヴェルダデイロ/WFと対戦し、見事勝利で関東2部に参入を果たしたAOH Futsal Club(以下、AOH)。
その中でも、参入・入替戦で6点を獲って存在感を示したのは青木克選手。
関東2部の開幕戦では2点先制していたAOHが、後半半ばで3-3の同点にまで追い付かれた。
その試合で決勝点を決めたのは、参入・入替戦で活躍した青木選手。
開幕を勝利で飾る立役者となった。

 

 

第22回関東フットサルリーグ2部 Powered by PENALTY

AOH Futsal Club 4-3 ブラックショーツフットサルクラブ(Aグループ)

[得点経過]
1-0 12分55秒 AOH #23 杣山達洋
2-0 14分54秒 AOH #8 寺田明礼
2-1 16分24秒 BS  #6 石井洸希
3-1 29分39秒 AOH #24 大室博義
3-2 35分05秒 BS  #24 米川颯悟
3-3 37分13秒 BS  #13 丸山哲平
4-3 38分20秒 AOH #14 青木克


https://mycujoo.tv/view/event/102434?src=CPT_EL

 

 

青木克(あおき かつ)

Pivo! 関東2部参入しての開幕戦、初勝利おめでとうございます。勝利の瞬間はどういう気持ちでしたか?

青木 ありがとうございます。とりあえず「勝ててよかった」と思いました。

Pivo! 関東の舞台での初戦が古豪ブラックショーツでしたが、どういう気持ちでこの試合に臨まれましたか?

青木 相手どうこうというよりは、自分たちのフットサルをしっかりやろうという気持ちで臨みました。

Pivo! 単なる開幕戦というより、関東に参入しての初めての開幕戦での勝利というのは、すべてのチームが格上というイメージだけに、この勝利は感慨深いものだったのではないでしょうか?

青木 そうですね。内容としてはまだまだですが、まず1勝できたという部分に関してはよかったと思います。

 

Pivo! 後半の15分ぐらいまではリードしていたのに追いつかれてしまい、だいぶ焦ったのではないですか?

青木 そうですね。後半は押し込まれる時間帯が多く連続失点してしまったので流れが相手に傾いていましたが、みんなで体を張って守った結果なんとか勝ち越すことができました。

Pivo! そのあとの決勝点は豪快でしたね、シュートを撃つ瞬間何を考えていましたか?

青木 シュートを撃つ瞬間はただただ「入ってくれ!!」って感じでした。

Pivo! ゴールを決めたあと、勢いそのまま走り続けて柵越え、あれは止まらなかった?

青木 ゴールした喜びとうれしさがあふれてつい跳んでしまいました(笑)。

(残り 670文字/全文: 1851文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック