【サッカー人気2位】INAC神戸レオネッサ なぜ2位まで急…

デジタルピヴォ! プラス

僕自身、ファイルの今後にすごく期待してます。(岡野健 ♯10 ファイルフォックス八王子)[関東1部]

ファイルは後半残り10分強、岡野をゴレイロにパワープレーに打って出る。

2020年9月5日 東村山市民スポーツセンター
(PHOTO、TEXT 山下浩正)

 

ファイルフォックス八王子。どう変ぼうしていくのか楽しみだ。

 

トランジションからカウンターに移るファイル。敗戦の中にも随所に見るべきところはあった。

 

第22回関東フットサルリーグ1部 Powered by PENALTY 第1節
ファイルフォックス八王子 0-9 リガーレ東京
[得点経過]
0-1 00分48秒  ♯14 米谷悟
0-2 06分09秒  ♯4 碓井孝一郎
0-3 06分59秒  ♯19 大薗諒 [PK]
0-4 10分40秒  ♯19 大薗諒
0-5 25分19秒  ♯4 碓井孝一郎
0-6 29分31秒  ♯7 岡大地
0-7 29分59秒  ♯18 足立竜
0-8 32分17秒  ♯5 田嶋健一
0-9 39分59秒  ♯14 米谷悟

敗退後、最初の練習で気持ちが1つに!

ファイルフォックス八王子が、リガーレ東京戦で敗退したのは9月5日(土)。僕がこの記事のために岡野にインタビューしたのはそれから4日後の9日(水)だった。試合直後ということで定例の火曜日(8日)のFUNスポーツクラブでの練習を全体ミーティングに変更し、結果的にこの日が試合後初の練習となった。練習を終えて府中の体育館から午後11時近くに勤務先のFUNスポーツクラブに戻ってきた岡野と合流。そこで、今終わったばかりの練習でメンバーの気持ちが1つになったという貴重なエピソードを聞いた。背景に何があったのだろうか。岡野は、リガーレ戦の分析に続いて、新天地・ファイルでの新たなチーム力構築の舞台裏を語ってくれた。

4失点で抑えれば勝機はあるかなと

Pivo! 結果は0-9と大敗だったがこの試合を振り返ってどう感じているか。

岡野 そうですね、相手のやり方にすごくハマってしまったのと、キーパーが不在という中である程度の失点は覚悟のうえで。ま、4失点ぐらいで抑えれればなんとか勝機はあるかなと。キーパーで試合の50%は決まるといわれる中で、それでもなんとか勝ちたいじゃないですか。なんとか勝ってやろうというつもりで挑んだんですけど。ま、初っ端、開始12秒に1失点食らってしまったのが、あれが、ちょっと痛かったですね。

失点するにしてもその1点目をどの時間帯でするかっていうので、なるべく後のほうがいいじゃないですか。ま、その中で、理想をいえば先に1点獲って、なんとか気持ちでしのいでっていう展開はイメージしてたんですけど。先に失点してしまったことで、点を獲らなきゃならないんで。

その直後のキックオフで、ビッグチャンスがあったんですけど、そういうところも外してしまったり。なかなか難しい試合でした。

Pivo! 個人的な出来としてはどうだったか。

岡野 出来は、10点ぐらいですかね。あんまり思うようなプレーができなかったんで。

Pivo! 100点満点で10点ってこと?

岡野 そうっすね。

Pivo! 確かに体のキレも含めて決していいとは思わなかった。

岡野 そうっすね。まぁ、多分相手のディフェンスシステム的にもピヴォは狙いどころで。で、そのディフェンスシステムに途中で気が付いて。で、ちょっと自分が下りて、クアトロっぽくパスを回してた時間はちょっといい時間だったんですけど。

18番の三木くんたちと、(3:1から)ちょっとクアトロっぽくやろうかって話をしてたんですけど、ま、結局パスミスとかで、ファイルの。ま、それでシュート撃たれて失点してっていうのを繰り返しっちゃったんで。

1-0の後はわりかし何分間かはその状態が続いてて。こっちもチャンスがある中で、結構、2、3、4って失点しちゃったんで。そうなんですよ。特に3点目はPK取られちゃったんで、ま、これはしょうがないですけど。

ピヴォの大薗にロングボールをほうり込まれ

(残り 5319文字/全文: 6893文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック