【サッカー人気3位】ストライカーポジションは現状でオナイウ…

デジタルピヴォ! プラス

15歳にして関東デビュー! 「ディフェンス得意なんで頑張ってやりました」(バジェーナブランカ城北レディース ♯16 森田葵)

2020年10月11日  常総市水海道総合体育館
(PHOTO、TEXT 山下浩正)

第11回関東女子フットサルリーグ2020 Powered by PENALTY 第3節
ドリームフットサルパークポルコ 0-4 バジェーナブランカ城北レディース

今季初勝利を挙げたバジェーナブランカ城北レディース。前列右から2人目が森田葵。その左が同じ15歳の吉羽凪、彼女の活躍をレポートする日も近いに違いない。

 

対戦相手のドリームフットサルパークポルコ。

 

選手の低年齢化が加速!

今シーズンは、関東女子リーグの低年齢化が加速している! もう18、19歳では誰も驚かなくなった。フォレストアネックスでは16歳の俊足アラ、市川芽依が先発出場しているし、アンビションでは15歳のゴレイラ、鈴木瑞貴が開幕節で途中出場し第2、3節で先発している。

そうした中で、フィールドプレーヤーとして初の15歳が第3節でデビューした。

森田葵(もりた あおい)、2005年2月21日生まれの15歳!! 身長154cm/体重47kg。

後半7分、コースを狙った巧みなシュートは相手に当たって惜しくもポストをたたき、デビュー戦初ゴールはならなかったが、それでも、攻守に大活躍、鮮烈な関東女子リーグデビューを飾った。

中学でサッカーに没頭していた葵だったが、進学した高校にサッカー部はなかった。サッカーか、フットサルか。進路の相談相手に選んだのが、母親がかつて参加したことのある「川フットサル教室」。 今季から関東女子リーグ昇格を果たした「バジェーナブランカ城北レディース」の川監督自らが主催する教室だ。監督の勧めで葵と親友の吉羽凪の2人は城北に「体験」参加。プレーを見た川﨑監督は練習生を飛び越してトップ登録を即決する。専門家の目で見て、それほどの逸材だった。そしてその目に狂いはなかった。関東の舞台で堂々のプレーを披露。試合後のインタビューで葵自身、「スタメンを目指したい」とサッカーっぽい表現でまっすぐな気持ちを口にした。

 

試合は前半5分20秒、相手ゴレイラの4秒ルール違反で得た関節フリーキックをエースの♯11みゆ(写真奥)が決めた。チームとして今季初の先制ゴールだ。

 

前半7分、♯16森田葵が関東リーグの記念すべき初舞台を踏んだ。

 

前半7分31秒、みゆと並ぶもう1人のポイントゲッター、♯14ユイがチーム2点目をたたき込んだ。

 

そして、葵とハイタッチ! ユイはこのあと、13分13秒にもこの日自身2点目となるゴールを決めた。

 

ゴール決まってたら、ヨッシャーって!

Pivo! フットサルを始めたばかりで、いきなりの関東リーグ公式戦出場。プレーしてみてどうだった?

森田 めっちゃ、緊張しました(笑)。

Pivo! 川監督からはプレーするまではガチガチだったと聞いたが、実際に出場したら全然平気だったんじゃない?

森田 いや、なんか、、、1点決められなかったのがめっちゃ悔しいです。

Pivo! あ、そうか。でもね、前半7分に関東初のピッチに立ってすぐに、右サイドでパラレラから抜けてボールを受ける動きを見せたの覚えてる? 

森田 覚えてない。ちょっと、もう、慌てすぎて。

Pivo! じゃあ、それを見た川監督がベンチから、「お、すばらしい!」と叫んだの、聞こえなかった?

森田 はい、もう、、。

Pivo! それどころじゃなかったかな? ところで関東の舞台はどうだった?

森田 え、なんか、もともとサッカーやってて、サッカーって広いじゃないですか。だから、やっぱりサッカーとは違う感じがして。この間(10/4・第2節)関東の試合を初めて会場で見たんですけど、自分は(今後)出れるかなとか、めっちゃ不安だったんですけど。出たかったんですけど、出たい気持ちはあったんですけど、その前に、、、日本語おかしくなっちゃうんですけど(笑)、見たときには出たかったんですけど、いざ入るとなると、すっごい緊張しまくっちゃって。

Pivo! いや、よくわかる。監督から、「今日は行くぞ」と言われたんだよね? そのときはどうだった?

森田 え、なんか、言われたときは出たかったんで、“メッチャ、出たーい!”っていう普通の気持ちだったんですけど、なんか、試合を目の前にすると、やっぱ、焦っちゃったり、気持ちの高まりが、、。

Pivo! 抑えられなかった?

森田 はい。

Pivo! ピッチに立っても緊張が続いたということだが自分のプレーはどうだったか。

森田 足の動きが最初は重かったですね。

Pivo! ほぉー。

森田 でも、なんか、無理やり動かして。頑張って、ディフェンスという目標に向かってガツガツ行こうといわれてたので、自分もディフェンス得意なんで頑張ってやりました。

Pivo! ディフェンス得意なんだ。

森田 ボランチやってたんですけど、ボランチでも守備の感じだったんで、得意っちゃあ得意です。

Pivo! 球際に強く行く川監督のやり方は願ってもないね。

森田 まあ。自分の意識的には、自分のテーマがそういうものだったんで。

Pivo! テーマ?

森田 もともとのサッカーやってたころから守備はやろうって思ってたんで。中3ぐらいですけど、そんなことを考え出したのは。

Pivo! 後半、相手に3人に囲まれながらボールキープするシーンがあったけど、あのときはどんなことを考えていた?

森田 え、なんか、もう、力強く。負けたくなかったから。

Pivo! 負けず嫌いなんだね。でなければあのプレーは出てこない。

森田 うん、、。

Pivo! ゴール、欲しかったね。

森田 うん、メッチャ、悔しいです!

Pivo! チームで人数かけて相手ゴールに襲いかかった後半6分50秒、♯10ひかるが撃ったシュートをゴレイラがセーブ。そのこぼれをキミがゴール左隅を狙って蹴り込んだ。いいシュートだった。

森田 相手に当たって、ポストかな。

Pivo! あれが入ったら、デビュー戦初ゴール。チームはもっと盛り上がったのにね。

森田 うふふふふ。決めたかったです。

 

3-0で折り返した後半3分15秒、♯21どなが相手トラップミスを奪う。

 

寄せてくるゴレイラとの距離感を確認して。

 

キックフェイントから股間が空くのを見極めてシュート。

 

試合を決定づけるチーム4点目を流し込んだ。

(残り 2375文字/全文: 4950文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック