【サッカー人気5位】「2021シーズンチーム編成診断③ ~…

デジタルピヴォ! プラス

繰り上げ当選みたいな(BRB/TANTALUS FUTSAL CLUB 監督 橘克典)[関東2部]

(PHOTO、TEXT なか)

 

今シーズンより、BRB/TANTALUS FUTSAL CLUB(以下、BRB)の監督が変わった。
昨シーズンまで同チームで選手をしていた橘克典が監督となった。
まだまだ選手でもやっていける年齢でもある彼がなぜユニフォームを脱いで監督となったのか。
その辺りを含めてインタビューを行った。

橘克典と言えば、フットボールウェアブランドのDUELO(株式会社ジェイロック)の社員。
精力的に自社のウェアを販売しながら、クリニックなどもサポートを行っている。
デジタルピヴォ!プラスでもおなじみの花田孝汰のレベルアップ教室(東京足立・藤フットサルクラブ、Duelo協賛)や大人のためのDUELO初心者フットサルスクール(東京足立・藤フットサルクラブ)、本人もコーチとして参加しているDUELOクリニック(神奈川横浜・ノアフットサルステージ横浜)がある。
また、Dueloはデジタルピヴォ!主催のU-12向けのフットサル大会
DUELO Pivo! Jr Champion’s Cupの特別協賛も行っている。

 

花田孝汰のレベルアップ教室(デジタルPivo!主催)
第1日曜日 10:30~12:30 藤フットサルクラブ(東京・足立区)
https://labola.jp/r/event/1006/individual?category=&accept_class=&keyword=%E8%8A%B1%E7%94%B0

大人のためのDUELO初心者フットサルスクール(東京・足立区)
毎週土曜日 17:30~19:30
https://labola.jp/r/event/1006/individual?category=&accept_class=&keyword=duelo

DUELOクリニック(花田孝汰コーチ)※橘克典もコーチとして参加
毎週火曜日 12:00~14:00 ノア・フットサルステージ横浜(神奈川・横浜
https://labola.jp/r/event/2106/individual?category=&accept_class=&keyword=duelo

DUELO オンラインショップ
https://duelo.saleshop.jp/

 

 

橘克典(たちばな かつのり)

生年月日:1994年5月10日(26歳)
身長:172cm
出身地:東京
趣味:体を動かすこと
特技:寝起きがいい
資格:サッカーC級ライセンス
座右の銘:成功するところまで続ければ、それは成功になる。

経歴
サッカー
1999~ 杉並アヤックス
2002~ FC北砂
2006~ 第二南砂中学校
フットサル
2009~ GOODLY
2012~ FUGA SUMIDA BUFFALOES
2013~ BRB TANTALUS FC
2017~ F.C.NORTE
2018~ O-PA
2019~ BRB TANTALUS FC

 

 

 

Pivo! 開幕で会ってびっくりしたのですが、事前に聞いていなかったので、監督になっているというのが・・・

 あぁ、本当ですか? (笑)一応SNSでアップしているんです。

Pivo! それで、監督になった経緯というのを教えてください。

 去年やっていた監督が、まず辞めるというところで、次に監督やる人を探すというところもあったんですけど、もともと去年から何回か監督が来れなかったときに、練習メニューとかを考えていたというところから、繰り上げ当選みたいな感じですね。

Pivo! 繰り上げ当選(笑)。

 ええっ。そのまま監督をやるっていう。誰がやる? というよりは、もう、お前みたいな雰囲気があった感じで、そのままなっちゃったって感じですね。

Pivo! 今シーズンというのは、選手登録はしていないんですか?

 一応しています。ただ、一応今年は19人くらいメンバーがいる中で、自分が続けるというのは、選択肢として最初はあったんですけど、出ちゃうことでデメリットとか、やっぱり監督をやるんだったら選手信じてやっていきたいなというのがあったんで、今年はとりあえず監督のほうをメインでやるという・・・それか、違うチームで公式戦だけ出るというのもありかなと思っていますけど。まぁ、基本的には監督メインで。

Pivo! 特に今まで監督の経験だったりとか、コーチの経験っていうのはあったんですか?

 そうですね、もともと、高校1年生でサッカーを辞めちゃっているんですけど、そこからフットサルをやっていて、そこで中学校の部活のコーチみたいなことはやっていたんですけど、フットサルの監督というところになると、足猿キッカーズっていうチームがあるんですけど、僕が4年生の代のときにそのチームの監督とういのはやらさせていただいていた経験はあります。

 

Pivo! ライセンスは取ったりしているんですか?

 一応、今年からの規定でフットサルC級ライセンスを取得しないといけないというのもあったんで、サッカーのC級は持っているんですけど、フットサルのC級はコロナで取得できない状況で取得予定です。

Pivo! その辺りは連盟がこのような状況下を考慮してくれているんですね。

 今年は免除になったんで。なので、一応今年は大丈夫だったんですけど。まぁ、来年以降、取れるんであれば、取りに行こうかなと思っています。

Pivo! せっかくなので、監督業というのは今後も続けていくような感じですか?

 そうですねー、難しいー。難しいところですね。それこそFの監督さんとかと、接する機会を設けていただいていて、そういった方の話とか聞いてやっぱ、監督業っていうのは楽しいと思うし、今後関東1部とか上がって、さらに上を目指すっていうことになったら、たぶんもっと楽しくなると思うし、そういったところはありますけど、選手としてやりたいという気持ちも、まだ残っているというのもあります(笑)。難しいですね、そこは。

Pivo! さっき、選手登録はしているといっていたので、何かのときは出ると。

 まぁ、何か、本当に人がいなかったら、その週だけ練習頑張って・・・まぁ、たぶん、うちのチームはそんなことはないと思います。

Pivo! それならほかのチームで出るとか?

 そうですね、それか来年度は監督辞めて、選手に専念するとかっていう、いろいろありますけど、とりあえず今年は、今年で考えるっていう。

 

Pivo! 来年はやるかもしれない?

 わかんないですね、チーム状況にもよります、それは。

Pivo! チームのほうというのは、メンバーの入れ替えというのは多かったんですか?

 今年は・・・毎年BRBは結構入れ替えがごっそりあるんですけど、そんなに・・・めちゃくちゃメインの選手が抜けたかというと、別にそうでもないので、ただ代表と監督と、数名の選手が辞めてって感じなので、チームの中が結構変わったといえば、変わったのかな。

Pivo! 見た目にちょっと変わったのかなと感じたのですが。

 あっ、本当ですか(笑)。

Pivo! そうでもない?

 いや、どうなんですかね、んー、僕的にはあんま変わってないかと思いますけど、まぁ、より一層今年はなんか優勝っていうことに向かって動いているなっていうのは、去年に比べては実感しています。

Pivo! その19人ですか、19人で活動を始めたのはいつごろなんですか?

 今季は、それこそ2月くらいからは始動はしていて、ただやっぱりコロナの影響で中断しちゃって、それでそこからまた活動を再開したって感じなんで、2月からやって5月に中断して、6月からまた再開したって感じですね。

 

Pivo! そういった中で、中断が入った関係もあって、まとめるのが結構大変だったんじゃないですか?

 そうですね、まぁ、2月からやってきたので、その2、3か月で積み上げてきたものが、またゼロになっちゃったっていうのは正直感じてた部分もあったんですけど、そこはやっていくにつれて、みんなも徐々に感覚を戻してくれたというのもあったんで、うちのチームは特殊なんで、まとめるのは難しいですけど、「勝つ」というのは意識高いので、そういうのはありがたいなって思いますね。みんなが活発に動いてくれるので。

Pivo! 練習なんかも人がそろいますか?

 基本的に休む選手は少ないです。いても1人とかぐらいなんで 、17、8人くらいは参加しています。

Pivo! 中には人が集まらないので、練習活動もできないチームもありますからね。

 昔はBRBも、結構人がいないときもあって、7人とか。本当にゲームができないときがあったんですけど、ここ最近は休む選手っていうのが少なくなっているので、そういった意味ではすごいいいチームだなって思いますね。

Pivo! 開幕戦の話になりますが、前半は結構よかったですよね。

 僕らも一応スカウティングして、それに対して練習とかやっていた部分と、あとは練習で積み上げてきたところっていうのが、前半出てきたのかなというのは、正直ありましたね。前半やっていて、去年とか、それこそBRBの開幕戦って、すごく堅いイメージがあったんですけど、それは選手が力を発揮してくれて、いい結果で前半終われたかなというのはありましたね。

Pivo! あのままいけば勝てていたんですよね。

 そうですね。

開幕戦で前半、後半、1点ずつ点を獲った#9 高木友樹選手。

(残り 2640文字/全文: 6545文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック