【サッカー人気1位】浦和版リカルドサッカーのデビュー FC…

デジタルピヴォ! プラス

憧れの選手はファルカンとリカルジーニョ! (リガーレ東京 #6 尾方勇樹)[関東1部]

#20を着ていたサテライト時代の尾方。

 

(PHOTO、TEXT 山下浩正)

 

 

ディフェンスとドリブルで勝利に貢献

<お知らせ> 11.3(Tue)
トップチーム昇格選手のお知らせ
LIGARE TOKYO
いつもリガーレ東京を応援していただき誠にありがとうございます。
この度、下記選手がトップチームに昇格しましたので、お知らせいたします。

No.6 尾方 勇樹 Yuki Ogata
【本人コメント】
トップチームでも得意のDFとドリブルで勝利に貢献できるように頑張ります!
応援のほどよろしくお願い致します。

 

27日リーグ最終節に期待!

東京都2部・リガーレ東京サテライト時代の尾方勇樹を初めて見たのは8月1日のリーグ開幕節。彼の鮮やかなテクニックに目をみはったのを今でも覚えている。その彼が上記のとおり丸3か月後の11月3日にトップ昇格を果たすと、(取材には行けなかったが)28日に関東1部リーグデビューを飾っている。そして12月27日(日)にリーグは駒沢で最終節を迎える。彼が2度目の1部出場がなるか楽しみだ。彼をトップに推薦した碓井サテライト監督のコメントと併せて、彼のインタビューを紹介しよう。本人によるテクニック分析など異色の内容となっている。

 

ピッて走ってキッて止まるあの感じ。シュートまで行く一連の動きを追う。

 

 

 

 

 

 

誰よりも前からプレスをかけて奪ってゴールまで

Pivo! 開幕節でキミを見て、キミのアジリティーに目を奪われた。もう、ディフェンス時の追う力もあるし、足元の技術もあるし。これは楽しみな選手が出てきたなと思いながら見ていた。キミ自身、自分の特徴はどこにあると思う?

尾方 自分自身としては、やっぱり、前からのプレスです。アジリティーっていう部分は自分でも自信を持っているところなので、はい。誰よりも前からプレスをかけて、一番はそこで奪ってゴールまで行ったりとか。相手のミスを誘発してマイボールにできるようにっていう前プレが自分の一番得意なところです。

Pivo! チームがボールをロストした直後、切り替えから一気に相手ボール保持者に寄せて行って相手のミスを誘うシーンが今日もあった。

尾方 そうですね、ある程度ああいうときは、取られるちょっと前から、取られそうだなっていう感じがするので。

Pivo! なるほど、流れから予感を持っている。

尾方 はい。じゃあ、相手がクリアしたボールが次どこへ行くかとかも予測しています。

得意技は「プル-アウト」

Pivo! それと、タッチライン際で相手ゴールを背にしてチームメートのショートパスを受けて反転、そこへ目の前に寄せてきた敵を浮き球でかわしてた。

(残り 3119文字/全文: 4259文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック