【サッカー人気1位】秩序と混沌のどちらを求めるか ピッチに…

デジタルピヴォ! プラス

無料:フットサルを通して高校生活を充実させて欲しい(武南高校女子フットサル部 中村柾斗監督)[埼玉県女子]

 

2020年8月29日 彩の国くまがやドーム体育館
(PHOTO、TEXT なか)

 

埼玉県女子フットサルリーグ(以下、埼玉県女子)自体が、実質3チームしかない。
AOH Ladies Futsal Club、RCC evviva、そして武南高校女子フットサル部。
3チームという少なさからなのか、埼玉県フットサル連盟より要請を受けて2チームでの参戦となったようだ。
話を聞く前は、数合わせのためなのかと少し残念に思えた。

 

 

第17回埼玉県女子フットサルリーグ 2020 第1節
武南高校女子フットサル部B 0-9 AOH LADIES FUTSAL CLUB

0-1 05分34秒 AOH  # 中田陽子
0-2 06分58秒 AOH  # 岩下友香
0-3 11分02秒 AOH  # 五味佐和子
0-4 16分40秒 AOH  # 荒木里奈
0-5 19分44秒 AOH  # 白橋萌生
0-6 21分49秒 AOH  # 荒木里奈
0-7 26分55秒 AOH  # 白橋萌生
0-8 27分04秒 AOH  # 岩下友香
0-9 29分01秒 AOH  # 平田薫

武南高校女子フットサル部Bチーム。

 

第17回埼玉県女子フットサルリーグ 2020 第1節
武南高校女子フットサル部A 4-3 RCC evviva

0-1 02分35秒 RCCe  #9 三尾ひかり
1-1 04分00秒 武南A #29 林舞羽
1-2 10分34秒 RCCe  #9 三尾ひかり
2-2 11分03秒 武南A #49 矢尾鈴華
3-2 11分39秒 武南A #8 根上佳穂
3-3 14分43秒 RCCe  #12 宮本桃佳
3-4 21分03秒 武南A #49 矢尾鈴華

武南高校女子フットサル部Aチーム。

 

 

中村柾斗(なかむら まさと)監督

Pivo! 今日は1勝と、1敗と、微妙なお気持ちでしょうね。

中村 はい。

Pivo! このチームは武南高校の女子フットサル部ということでいいんですか?

中村 はい、そうです。

Pivo! 同好会とかではなく。

中村 はい、部活動として活動しています。

時折りゴール前まで切り込むがゴールは遠かった(武南Bチーム)。

 

Pivo! 結構大所帯のようなんですが、総勢何名いらっしゃるのでしょうか?

中村 1、2年生で選手が24名と、マネージャーが3名の全部で27名です。

Pivo! 1、2年生だけなんですね。

中村 はい、これ以外に3年生が12人いたので。

Pivo! 今回、リーグは武南のほかに2チームしかいないということで、リーグのほうから要請を受けて、A、Bと分けて参戦しているのかなと思ったのですが、そういう認識でいいですか?

中村 リーグの方からご提案いただきまして、我々としてもできる限り選手に公式戦を経験してもらいたいなというのもあったので、ありがたく受けさせていただいて今日に至るという感じですね。

(武南Bチーム)。

 

Pivo! ちなみにAとBの分け方というのは、パワーバランス的にどうされましたか?

中村 Aは優勝して関東参入目指してというところで、Bチームはできる限り試合経験をというところ、あと学年のバランスはある程度均等になっているとは思うので、どちらも2年生が中心にチームをつくってくれているような感じですね。

Pivo! バランスを見ながら分けたらこうなったという感じですかね。

中村 サッカー経験のある子と高校に入って初めてボールを蹴った子達とでできることに差があるので、どっちの子達も自分のレベルにあったチームでフットサルを楽しんでもらって、フットサル通して高校生活を充実させて欲しいなとおもって分けたらこうなった感じですね。

Pivo! 基本的にAとBでの選手の入れ替えはないと考えていいんですかね。

中村 はい、連盟のほうにそういうふうに、一応シーズン中は入れ替えがないようにってことだったので・・・ただ、今後参入戦に行けた場合は、少し入れ替えも可能であれば、できればなぁと思っています。

巧者が揃うAOHに度々ゴールを脅かされる(武南Bチーム)。

 

Pivo! 一般的にチームを移籍するということもありますからね。

中村 まぁ、なかなか4チームしかないリーグの選手の入れ替えは、少し厳しいかなというふうには思っています。

Pivo! 第1試合のBチームを見ていると、キーパーがキャッチすると前のめりになっていたんですけど、やっぱり守備的に自陣でリスクを減らしたかったという部分があったのか、攻撃で前に行きたかったのか、どういった理由で。

中村 理想はやっぱり下でつけてっていうふうにやりたかったんですけど、そこのリスクがかなり大きかったので、回避というところを徹底してまずは今日はやりました。今後、できるだけそういうプレーが減るように、トレーニングの中で取り組んでいければいいかなと思ってます。

Pivo! 普段、武南高校フットサル部としては、どういう活動されているんですか?

中村 週5で1回2時間のトレーニングを市内の体育館でしたり、人工芝や、土のグランドで行っています。あとはサイズはすごく狭いんですけど、校内にある屋上の施設を使って、基本的な技術を習得ですとか、そういったところに取り組んでいます。

獲られては、獲りときっ抗していた(武南Aチーム)。

 

Pivo! 学校間の交流戦とか、大会みたいなのは?

中村 都内の学校とはもう長く、あとは神奈川ですね、他県の学校とはやらせていただいているんですけど、県内にはなかなかチームがなくて、県内だと社会人のチームとの交流っていう形です。今コロナ禍で、他県のチームとできないので、こういう社会人との試合がメインの活動になっています。

Pivo! リーグにおいて武南の役割はどう考えていますか?

中村 参加チームが少ないので、しっかりその辺を盛り上げていくのと、ゆくゆくはうちを卒業した選手が、またフットサルを続けて、女子フットサルがどんどん盛り上がっていければなぁと思っているので、まずはフットサルの入り口として、うちの部が少しでも何か役に立てればなぁとは思っています。

Pivo! 1年生から、3年生を含めると、全員で36くらいですかね。

中村 そうですね。マネージャーを含めると39人になります。

Aチームのゴールを守るのは#18 岩瀬選手(武南Aチーム)。

 

Pivo! 毎年コンスタントに入部してもらえるんですか?

中村 そうですね、平均して12人くらいは入ってきてくれているので。

Pivo! 安定的に部活はできるんですね。

中村 そうですね、はい。あまり人数に困ることは、少なくて困るということはないですね。

Pivo! さっき聞いてしまったんですけど、AとBの目標は、Aは関東参入を目指していると、Bはフットサルの向上を目指す。

中村 そうですね、とにかく試合の経験というのを積んで、よりいいゲームを選手たちには経験してもらいたいですね。今日はどうしてもゴレイラが前線に投げていうところになっちゃたんで、それを少しでも減らしてフットサルの奥深さを楽しめるいいゲームができるようにやっていきたいなって思っています

最後は1点差で勝ち切った(武南Aチーム)。

 

Pivo! 1か月、くらい、次の節までの空いちゃうんですよね。その間に修正していけるところがあれば、修正して、成長している姿を見せてくれればと思います。

中村 はい、ありがとうございます。まずは、6月に緊急事態宣言が解除されて、まだ始めたばっかりの初めてボールをさわった子も多いので、まだまだ、個人スキルののびしろはどのチームよりあるかなと思うので、しっかりその辺をトレーニングして、また違った姿を次節見せられるようにがんばりたいと思います。

Pivo! デジタルピヴォ!の読者に対して、武南高校フットサル部のアピールができればと思います。

中村 明るく、元気にフットサルに取り組んでいますので、応援していただければと思います。また、いろんな場面で、ご指導、ご鞭撻をいただけたらと思いますので、よろしくお願いします。

 

 

Aチームは関東参入を目標としたチーム。
Bチームはフットサルを始めたばかりの子や、経験や実力がもう少しの子だったり、実戦経験を積んで成長できる環境があるというのは非常にいいと思います。
部に所属する人数が多いために、こういった参加の仕方もありなのかもしれない。
Bチームだった子が、来シーズンにはAチームや競技リーグで活躍するかもしれない。
シーズン中のAB間のメンバーの入れ替えはないとは言ったものの、AもBもチームとしての体裁を取っているので、シーズン途中に実力をつけた選手が出てきた場合に、移籍のルールにのっとった手続きをすれば、BチームからAチームに登録するのは可能であろう。
冒頭で「残念」という言葉が出てしまったが、フットサルの育成で考えれば、実戦を伴っているだけに、これほどいい育成方法はないだろう。
チーム自体が、武南高校女子フットサル部ということで、活動には3年の制約がつく(受験準備もあるので実際は2年程度)。
その後のフットボール進路として、競技フットサルという選択肢を選んでくれる生徒がたくさんいれば万々歳だ。
そういった意味では、来シーズン以降も、こういった形での参戦を果してくれることを期待をしたい。

 

#がんばれ埼玉県女子

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ