【サッカー人気2位】沖縄キャンプ初日午前の部【写真ギャラリ…

デジタルピヴォ! プラス

[無料]優勝を懸けた大一番! 関東女子第12節シュートアニージャvs.アンビション戦 勝敗の行方を他チームの監督が大胆予想!!

「第11回関東女子フットサルリーグ2020 powered by PENALTY」で第1位に輝いたシュートアニージャの小野直樹監督と選手たち。果たして今季は!?

 

2021年11月22日(日)
(PHOTO:デジタルピヴォ!、まとめ:山下浩正)

 

11月27日(土)、足立区総合スポーツセンターで
リーグ制覇を懸けて首位と第2位が直接対決!

関東女子フットサルリーグ第12節 2021年11月27日(土)
足立区総合スポーツセンター(無観客試合)
第1試合 ビークストーキョーレディース vs. ヴィエントFC 11:00KO
第2試合 アンビション vs. シュートアニージャ 14:20KO
第3試合 ドリームフットサルパーク/ポルコ vs. マデイラブランコfv 17:40KO
(第2試合と第3試合のインターバルに足立区ほか主催の「親子フットサル体験会&リーグ観戦」が開催され参加者のみが第3試合を観戦する)

コロナ禍で8、9月のリーグ戦が開催中止となるなど未曾有の混乱にもかかわらず関係者の努力で前へと進んできた関東女子リーグ。徹底した感染防止策が行われ再開後も無観客で開催されるなどしてきたリーグもいよいよ山場に差し掛かり、残すところあと3節。直近の第12節では上記の3試合が行われるが、話題の中心はなんといっても首位シュートアニージャ対第2位アンビションの一戦。勝てばその力からしてリーグ優勝間違いなしの文字どおり“天王山”だ。そこでデジタルピヴォ!ではこの試合の勝敗の行方を、これまでにLINEでコンタクトしてきたことのある、リーグ3位から9位までの7チームの監督に依頼し、

1、ずばり、対戦スコアと、

2、その理由

を予想してもらった。その結果は以下のとおり。ほとんどの監督が、「リーグ中でもあり苦心したが女子フットサルの盛り上げに一役買えたら」という心意気で筆を執っていただいた。このそれぞれの予想が実におもしろい! この企画を実行してよかったと思える瞬間だった。

また、7チームの監督だけでは物足りない僕は(すいません!)、優勝争いの真っただ中にいる当該2チームの監督にも同じ質問をぶつけた。こちらも、19日から高知で行われていた全国女子選抜大会に埼玉県選抜の監督として臨んでいながら回答に時間を割いてくれたり、「おもしろくするために、あえて強気で書きました」と言って力作を寄せてくれたりと、“女子フットサルを盛り上げるために”という当サイトの趣旨を理解し賛同していただいた。上記7監督と当該の両監督に心から敬意を表したい。

なお、この企画は、担当の僕(山下)以外どの監督に予想を要請したか、その結果、誰がどんなことを書いていただいたのか誰も知らない。執筆にあたっていただいた9人の監督たちも読者の皆さんと同じタイミングで内容を知ることになる。それはほかの人の内容を知ることで間違ってもお互いを忖度することなく自分が思うままに試合内容を予想してほしかったからで、その狙いがずばり的中した結果となった。何度もいうが、以下の予想回答は試合結果を予測するだけにとどまらず、フットサルのおもしろを高めてくれる機能も果たしている。ぜひ楽しんでください! そして当日は無観客開催なので、ELEVEN SPORTSでどの監督の回答が一番的を射ているかぜひ堪能してください!!

では回答の公開です! 掲載は山下のところへ回答が届いた順番です。

 

タパジーダ世田谷 畠中亮輔監督

「アニージャは選手同士の距離感がいいので得点を獲れそう」

1、
→ 4-2  アニージャ

2、
→アニージャの層の厚さと
規律のあるフットサルが
アンビションを苦しめそう。

細かくいうと

ポジティブトランジション、
ネガティブトランジション
どちらでも
アニージャは選手同士の
距離感がいいので得点を獲れそうだし、失点が少なそうです。

感覚的な話でいうと

後半10分過ぎたときに
アンビションは負けてたら失速すると思います。
※後半の10分間で点獲ったら、、、

本音をいうと

アニージャが勝ってくれれば
次節ウチがアンビション倒して2位狙えるので
アンビションには負けてほしいです!
ウチのチームはどんどんどんどん強くなってるので要チェックしてください!

いい選手、いいスタッフで集まった最高集団です!!

 

マデイラブランコfv 大野龍之介監督

「両チームともオフェンスが魅力的なチーム」

1、
スコア予想は4-3でアニージャさんの勝利と予想します。

2、
両チームともオフェンス力に関して特に突出していて、両チームとも選手個々の能力は非常に高いと思います。
チームとしてはアニージャさんは「組織」、アンビションさんは「センス」という印象があります。
ディフェンス力の印象も同じです。
ただし、ディフェンスに関しては両チームともそこまで得意ではない印象があるので、どちらもゴール数が多くなるのではないかと予想します。
そこで差が出るとすれば対応力であり、アニージャさんのほうがその面では優れているのかなと思い4-3のスコア予想になりました。
どちらも対応ができた場合はロースコアになるかもしれませんが、両チームともオフェンスが魅力的なチームなので、天王山というタイミングも重なりとてもおもしろいゲームが展開されると期待しております。

 

ヴィエントFC 柴崎直也監督

 

「アニージャ2-0からアンビションが追いついたとき一番盛り上がると思う」

1、
5-2  or  3-1
アニージャさん 〇

普段からお世話になってるアンビションさん、ほんとすいません。笑

まず、アンビションさんがどう戦うか楽しみです。
引いて守るか前から仕掛けるのか。
前から来れば5-2 引いたら3-1でアニージャさん…アニージャさんが負けるところがあんまり想像つかないです。(笑)
個人的には両者前からバチバチ行く試合が見てみたいです。

アニージャさんは日ごろから日本リーグやAMC(日本AMCレディースフットサルカップ)が基準でそこの強度の高いプレスを想定してトレーニングされていると思うので、前から仕掛けたとしても回避のレベルは高いと思います。
なので、アンビションさんの対人能力や若い勢いでアグレッシブな試合が楽しみです。

ウチと対戦したときは関東リーグ再開明けで試合数も少ない部分で早い時間にスコアを動かす狙いであの展開になりましたが、ヴィエント、マデイラさんとやって、AMC+トリムカップ選抜全国大会で試合勘という部分では選手も普段のプレーを表現できるんじゃないかなと思います。

あとはセットプレー。
アンビション小坂監督も絶対そこは準備してくると思いますが、両チームのスカウティングでどう優位に出るか楽しみです。
若さや個の能力強みのアンビションさんですが、セットプレー守備時の経験や予測をどうスカウティングでカバーするか。
セットプレーでスコアは何点か動くかなと。
逆に対策でカットした後は個と勢いで追い越してでチャンスをつくれると思います。

逆にアンビションさんが引いた時は、アニージャさんも苦労はするのかなと思います。
あれだけ走れる選手や能力の高い選手が組織的に守ったらアニージャさんも手を焼くと思いますし違いをつくれる小林選手と尾田選手の状態がどうなのかなと。

AMCに小林選手が居なかった理由はわからないですがもしケガだとすれば尾田選手 小林選手 関東でも抜けている2人が居ないのはアニージャさんにとって痛いと思います。

それでも全員点を獲れるチームですし、リバウンド セグンドに絶対人は詰めますし引いた分セットプレーの数も増えると思うのでアニージャさん優位かなと。
正直アニージャさんが3失点するところは想像つかないです。

アニージャさんが先行して2-0からアンビションさんが追いついたときは一番盛り上がるんじゃないかなと思います。
勢い 若さ 爆発力 個で沈められる力もありますし、ひっくり返すゲームも見てみたいです。

めちゃめちゃ上からみたいになってしまいました、両チーム関係者様すいません。

普段からよくしてもらっているので純粋に両チーム応援してます。笑
首位攻防戦楽しみです!

 

カフリンガボーイズ東久留米 垣本右近監督

「想定外の個の能力で崩してくるのがアンビション」

1、
4-1
シュートアニージャの勝ち

2、
アンビションは個の能力が高い選手がいますが、アニージャはチームの成熟度+個の能力がとても高いです。
アニージャは監督の小野さんがしっかりと整理されたトレーニングしているんだなと感じられます。個人もチームもある程度想定された状況に臨機応変に対応できている。
ただ想定外の個の能力で崩してくることがアンビションはできるのでそのあたりをうまく突ければ、、。

 

ドリームフットサルパーク/ポルコ 須崎充樹監督

「セットプレーの守備で差が出る気がする」

1、
3-1
アニージャ勝ち

2、
試合はアニージャがボールをキープして進むと思います。
アンビションもフィジカルコンディション高い選手が多いので、粘って最後決めさせない守備はできると思います。
しかし、アニージャの最大の強みであるセットプレーの守備で差が出る気がします。
アンビションはアニージャの攻撃に慣れてきたときにカウンターで返せると思いますが、全体的に上回る程の経験はまだないと予測しました。

 

バジェーナブランカ城北レディース 川﨑康裕監督

 

「スコアだけでお願いします」

4-3でアニージャの勝ち!
これでお願いいたします。

 

フュージョン  安東恭治監督

 

「シーズン中でもありなかなか苦心しましたが(笑)
女子フットサルの盛り上げに一役買えたらと書きました」

1、
「3v2」でシュートアニージャさんの勝ち。
『天王山』としてシーソーゲームになり、両チームが点を取り合う
好ゲームを期待してます!こういうスコアが個人的にも好きです(笑)

2、
オフェンス力、
両チームとも攻撃の個人スキルが高く、それらをいかした戦術を採用しているからです。
特にシュートなどのフィニッシュ力があるので、『ゼロ』ではお互いに終わらないと思います。
その中で「セットプレー」という部分、シュートアニージャさんに一日の長があると
分析しているのでこのスコアになりました。

ディフェンス力、
1対1や球際、プレスの強い選手がどちらも多いです。そうなるとシュートアニージャさんの定位置攻撃やボール回しに、アンビションさんの組織守備がどう対抗するのか。この構図によっては、スコアも逆になりかもしれません。

ゴレイラの能力
どちらもミドルシュートに強いイメージです。その中でシュートアニージャの佐藤選手はディストリビューションにたけているので、そこは有利に働くと思います。

変化へのチーム対応力
監督がスカウティングを基にゲーム戦略を練っているはずです。それらを理解したうえで、チームモデルや戦術を忠実に実行する選手たちが多いので、ネガティブな状況に陥ってもブレないと思います。
ただアンビションさんがどういう戦術で戦い、シュートアニージャさんがそれにどう対抗するのかは個人的にも興味深く、見所になるはずです。

監督力
お二人とも知っている方なので、全体的にとても書きにくかったのですが・・・(笑)
非常にフットサルや対戦相手に対して研究熱心です。その中で練られた戦略や戦術に
わたしたちはかなり苦しめられました。

シュートアニージャ小野監督は、経験や知識も豊富で女子フットサルでの『大一番』も数多く戦ってきてるのを見てきました。この辺りは、今回の試合でも有利に働くはずです。
アンビション小坂監督は、女子フットサル指導一年目でこれだけの結果を出していることは
脅威であり、若い選手たちの能力を引き出している点もすばらしいと思います。

両監督が周到に用意した準備の元、選手たちがすばらしいプレーをして、今シーズン最高のゲームを期待してます! ※翌週の「シュートアニージャVSフュージョン」戦はもっといいゲームにしたいですが・・・(笑)

 


 

ここからは当該2チーム、首位をいくシュートアニージャと第2位アンビションの監督の登場です。

 

シュートアニージャ 小野直樹監督

 

「おもしろくするために、敢えて強気で書きました」

1、
2-0アニージャ勝ち

2、
オフェンス力
主力選手のケガにより出番の増えた若手が自信と力をつけたことにより、我々の攻撃システムが増え、いろいろな形から得点ができるようになってきました。
また、相手のいろいろな守備方法に対しての攻略法も身についてきたと思います。
前からのプレスに対する回避方法やハーフに引いた守備時の攻撃展開のバリエーションも増え、相手の狙いの重点の一つでもあるカウンター攻撃に対する準備もよくなっています。
アンビションさんはリーグ戦の中で、得点も多いが失点も割と多いので、我々はより攻撃的なゲームを展開することが勝利へとつながると感じています。
とはいえ、得点というのは水物でもあるので試合の主導権を握りつつも決定機を逃すことも十分、考えられます。そのため得点については最低2点としました。

ディフェンス力
アンビションさんは攻撃に手数を掛けずにフィニッシュへ持ち込もうとすると考えているので、まずは前線に簡単にボールを蹴らせないプレスが重要で、前線に飛ばされたときの戻りやカバーリングについても対応できると思います。
もう一つ、カウンター攻撃に対する守備が重要になりますが、こちらも十分トレーニングできているので対応できると思います。
ただし、アンビションさんは我々に次いでリーグ総得点2位のチームですから、相当な集中力、注意力そして闘争心が必要となりますが、今の我々にはそれが実行できると考えています。

ゴレイラの能力
GKについては週に1回、GKだけのトレーニングを1時間行っていて、基礎から試合での反省を含めて日々、ものすごいスピードで成長しています。そのため細かいポジショニングやシュートストップ技術はリーグ随一だと思います。
たとえFPがかわされても、最後に止めてくれる安定感が今のうちのGK2人にはあるので失点はしても最少失点で済むと考えています。

変化へのチーム対応力
我々はいろいろなカテゴリー、いろいろなタイプのチームと公式戦やトレーニングマッチを重ねて、その修正や改善をトレーニングしてきました。まだまだ即座に対応することは難しい場面でも、そこはベンチ一丸となって対応したいと思います。

監督力
私が監督として試合でできることは、

・その日その試合にいかに自信を持って前向きに選手たちが臨めるか、という雰囲気をつくること。
・試合状況を冷静に把握して選手たちに励ましや修正を簡潔に伝えること
・リードしても、されてもそれに応じたオプションを行使することを確認すること

以上がわたしのできることで特別な魔法は残念ながら持ち合わせていません。

 

アンビション 小坂雅和監督

 

「攻撃が大好きなチームなので、まずボールを奪うことを徹底していい続けてきた」

1、

 

2、
自分自身はこの試合に勝つことだけを考えているのでスコアの予想はできません。
きっと考えても予想がつかないような試合になることだけはわかっています。
もちろんGKだけじゃなくてすべてにおいて経験値の高いアニージャさんを相手にすることは大変なことです。
個で戦うためにもそれを受け入れる組織が必要だし、組織で戦うためにもそれを実行する個の力が必要だと思っています。

オフェンス
トレーニングでも個人戦術の部分には力を入れているので、これまでの試合と同じように常にどこからでもゴールを奪うという姿勢を持ち続けていけばどこが相手でも十分に得点する機会は増えてくると思います。

ディフェンス
自分たちから積極的にボールを奪いにいくことを目指しています。
攻撃が大好きなチームなので、まずボールを奪うことを徹底していい続けてきました。
ハントポイントの共有を明確にしてアグレッシブなディフェンスをしていきます。

ゴレイラ
フットサルとしてのポジション経験値は浅いですが、サッカーでは全国を経験してきた選手たちが多いので、どの相手に対してもものおじせずに強い気持ちをもって後方からピンチを救ってくれると考えています。

チームの対応力
個人的には今回の相手は昨シーズンのチャンピオンであり、今年女子F参入を目指すことを発表した特別なチームだと感じています。
ただ、選手たち自身はよくも悪くもフットサル経験が少ないからそういう部分はわからないし、ある意味他のチームへの興味がなく、どの相手に対しても同じテンションで対応して戦うことができています。

今回の相手に対しても同様だと考えています。

監督力
対戦相手の小野監督は自分がフットサルを競技として始めたときに湘南ベルマーレさんの監督をやられていました。
Fリーグで湘南ベルマーレさんの試合は何度も見ていたし、あこがれの舞台でビッククラブの指揮を執られていた雲の上の存在である小野監督と、まさか関東女子リーグで優勝を懸けた戦いができるなんて思ってもいませんでした。

自分は指導者としても経験もまだまだ未熟ですし、女子というカテゴリーの指導をして7か月しかたっていません。
そんな中で今回のような自分にとってのビッグマッチは自分でも予想ができないくらい楽しみな試合なんです。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ