【サッカー人気3位】【フォトレポート5/17】【J2第17…

デジタルピヴォ! プラス

フウガの選手はしっかりウチのディフェンスをはがしてからシュートを撃ってくれたので対応しやすかった! (F.S.TAITO #1 石川智大)[東京都3部第4節]

ピヴォへのロングスローで先制ゴールを演出したゴレイロの石川。

 

2021年12月26日(日)  すみだフットサルアリーナ 
(PHOTO、まとめ 山下浩正)

 

第17回東京都フットサル3部リーグAグループ2021 第4節①
フウガドールすみだ ファルコンズ アドバンス 3-4 F.S.TAITO
[得点経過]
0-1 1分 F.S.TAITO #6 オリエル イグナシオ ルシアーノ
1-1 11分 フウガファルコンズ #39 椛島出海
1-2 11分 F.S.TAITO #10 増田浩史
2-2 16分 フウガファルコンズ #39 椛島出海
3-2 20分 フウガファルコンズ #43 根本佑
3-3 21分 F.S.TAITO #10 増田浩史
3-4 22分 F.S.TAITO #2 斧山翔

 

1勝1分け1敗で4位につけているF.S.TAITO。経験で若さを上回りたい一戦だ。
1勝1敗・6位でホームゲームを迎えたフウガドールすみだファルコンズアドバンス。絶対に負けられない戦いだ。

 

決定力で上回ったF.S.TAITO

試合を見ていた人には(フウガの若者に)大人が振り回され続けていた様にしか見えなかったかも知れません(笑)。なぜ勝てたのか自分でも不思議です(笑)」
勝利に貢献したゴレイロの石川は試合を振り返ってこんな感想を口にしている。だがその意見に僕は異論がある。両者には「決定力」という差があった。フウガは見事なパスワークから数多くの決定的なチャンスを演出している。でも、決めた数で相手を上回れなかった。一方のF.S.TAITOはというと技術というより気迫でゴールを重ねた。それは2人のピヴォがたたき込んだ豪快なゴールが証明している。トップ昇格をうかがう下部組織の若者たちにとってこのうえない教訓を得た試合だった。

#1 石川智大(いしかわ ともひろ)

ハーフタイムにピヴォ、フィクソと語り合う石川。ちなみにフィクソの#16三須はもともとアルゼンチンでサッカーのプロというキャリアの持ち主。#6のオリエルはそのつながりで今季加入。三須はスペイン語の通訳も務めている。

 

大きいピヴォがいるのでロングボールが武器

Pivo! まず、石川くんのプロフィールを教えてほしい。

石川 静岡県浜松市出身、1985年11月15日生まれの36歳です。
小学生のころに友達と公園でボールを蹴り出したのがサッカーを始めたきっかけです。
サッカー部にも入りましたが、友達と放課後にボール蹴ってるほうが楽しくてまともに行かないまま中高共に半年くらいですぐ退部しました。
友達との遊びのサッカーでGKやってそのまま今もGKって感じです。
そのメンバーで18歳からグリーンアスパラというチームをつくりフットサルを始めて、最初は1dayや民間施設のリーグで主に活動していました。
当時戦っていた民間施設のリーグには現在東海1部や2部で戦っているチームもおり、割とレベルの高いリーグでしたが、なぜか負けずに優勝できた記憶があります。
その施設の人に声をかけてもらってセレゾン浜松というチームに入ったのが最初の社会人チームです。
静岡県1部、東海1部、東海2部を戦って、試合に出れたのはメンバーがデウソン神戸に行った関係で人数が減ってしまった東海2部のみです。
22歳で神戸に仕事で行くことになり、神戸では当時兵庫2部だったAOM神戸というチームに入り、約2年兵庫2部をレギュラーとして経験しました。
その後SWHというチームに入り、リーグ出場はできませんでしたが、レベルの高いチームに入り個人的にはレベルアップできたと思います。
28歳で仕事で東京に来てからは、当時都3部の中野に入り、試合にも出させてもらっていたのですが、そのシーズン中にF.S.TAITOの立ち上げにかかわらせてもらって中野は退団しました。

Pivo! 26日のフウガ戦の勝利の感想を改めて聞かせてほしい。
また、この試合にはチームとしてどんなゲームプランで臨んだのか。

石川 個人の感想としては、もちろんうれしいんですが。。。ビデオを見返してよく勝ったなと思います。
自分がいっぱい映っているので楽しいビデオでした(笑)。
チームとしては年内を2連勝で終えようと常に話していたので、無事その目標を達成できたことでホッとしています。そして何よりこのメンバーで勝利したことがうれしいです。
ウチは大きいピヴォがいるのでロングボールが武器です。
フウガ戦に限らずどの試合でもこういった戦い方が主になります。
ピヴォのサイズも他のチームにはなかなかないサイズなので、わかっていても止められないだろうと思い、お構いなしに放り込み続けています。
フウガは前から来るだろうと話していたので放り込みはハマるんじゃないかなと思っていました。

 

(残り 3602文字/全文: 5545文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ