デジタルピヴォ! プラス

モットーはチーム名に込めた「40歳、再び戦う」です!(al refigure 40)[全日本女子都予選]

2回戦(5/7)での歓喜のシーン!

 

2022年4月24日(日) 武蔵野の森スポーツプラザサブアリーナ
(PHOTO、まとめ・山下浩正)

 

1回戦の対戦相手、LoCoSaL。

 

al refigure 40。

 

JFA 第19回全日本女子フットサル選手権大会東京都大会予選①
al refigure 40 2-0 LoCoSaL
[得点経過]
1-0 11分 al refigure 40 #4 鹿毛亜希子
2-0 11分 al refigure 40 #17 小川佐知子 

 

都3部のライバルにシャットアウト勝ち

al refigure 40(アル レフィグレ 40、通称アルレ)を都予選1回戦で初めて見て感心した。ベテランぞろいのチームとみえて動きこそ少ないが、トレーニングで練り上げたに違いない自分たちの形を随所で発揮し同じ東京都3部リーグ所属のライバルをシャットアウト。2点差をつけるとハーフに引いて息を整える試合巧者ぶりを見せ、余裕で2回戦進出を決めた。そのアルレの監督兼選手でありチームの“頭脳”である鹿毛亜希子に話を聞いた。

 

監督兼選手 #4 鹿毛亜希子

シュートまでつながる戦術を意識している

Pivo! アル レフィグレ設立からの歩みを教えてほしい。

鹿毛 今年で設立9年目になります。
2014年 いつかチームをつくろう! と約束していた5番藤田亜紀と6番鈴木明理でフットサル仲間(もともとの遊び仲間でもある!)を誘いつくる→エントランスリーグ参入
2015年 エントランスリーグ(→昇格)
2016年 2部リーグ
2017年 2部リーグ
2018年 2部リーグ(→降格)
2019年 エントランスリーグ(→優勝で昇格)
2020年 2部リーグ
2021年 2部リーグ(→降格)
2022年    3部リーグ
      現在に至る

Pivo! チームのモットーは?

鹿毛 モットーは、チーム名に込めた「40歳、再び戦う」です。
関東や1部リーグでやってきたメンバーが再度アルレに集結。
フットサルを楽しみながら、
少しでもうまくなれたら、みんなでやってきたことを合わせて試合で出せたら、という気持ちを持ち続けながら
勝ちを目指して戦っていく。
目指すは2部リーグで戦い続けること!
という気持ちでスタート。
今も変わらずその気持ちで蹴り続けている。

Pivo! チームでのポジションと役割は? また、練習および試合でどんなことに重点を置いているか。

鹿毛 <監督> 4番鹿毛亜希子
勝つための練習&戦術すべてを考えている。

<代表兼キャプテン> 5番藤田
チーム運営ほかもろもろすべてを6番鈴木とともにまとめる。

 

鹿毛とともにチームを立ち上げた代表兼キャプテンの#5番藤田。#17小川はチーム2点目を左コーナーキックから決めた。

 

さまざまなチームでやってきたことを大事にして」9人全員で戦うチーム、それがアルレ。#7荻原はペスカドーラ町田でプレーしてきた選手だ。

 

<重点>
全員が戦力。9人みんなで戦うことです。それぞれがさまざまなチームでやってきたことも大事にしています。また個性や強みが生かせるように戦術を考えたり、メンバーを組んでいます。

(残り 1064文字/全文: 2374文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ