【サッカー人気2位】【川崎vs大分】現在の力関係は明白。大…

ロクダス

どうしてこのクラブは毎度こんなにドラマチックなんだ!湘南残留を写真で振り返る

文・写真=MCタツ

試合前にスタメン発表を見つめる眞壁潔会長。今季で最も重要な一戦でも普段どおり。

 

徳島の先制点。CKの流れから鈴木徳真が右足ボレー。

 

 

   湘南前半唯一の決定機だったのではないだろうか。中川寛斗がうまく抜け出すもシュートブロックにあう。

 

 

前半戦から獅子奮迅の右サイドアタック。岡本拓也は効いていた。

 

山根視来も得意のドリブルで前半から再三しかけるも徳島の守備が堅い。

 

齊藤未月が前半このシーンで素晴らしいスルーパスを見せた。この日もボールを刈り取り続けた。

 

 

この男が流れを持ってきた。

フィニッシュへの意識が高いクリスラン。

 

 

試合後涙が止まらなかった金子大毅。よほどのプレッシャーを感じていたのだろう。

 

 

先制点をアシストしたのは山崎凌吾。山崎がこの位置で何度もロブを受けていた。トラップもお見事。

 

 

クリスランのスルーから松田天馬が同点ゴール。キープから冷静に流し込む。

 

 

金子がムギューってやってる(笑)

 

鈴木冬一恐るべし。ルーキーにして相手が嫌がることをやり続けるドS。ロブボールを正確に放り続けた。

 

 

VARでもないのになんで試合を止めているんだこの野郎!という思いがこみ上げてきた。隣のカメラマンが「PKになったらおもしろい!来い!」とか言っていて、心のなかで「うるせー馬鹿野郎!」と叫んでいた(笑)。VARが入っていたのをすっかり忘れていた(笑)。

 

 

残留の喜びで立ち上がれない金子に杉岡大暉が笑顔で声をかける。市船の絆は深くそして熱い。

 

よく笑う水谷尚人社長だが、残留が決まった瞬間まさに「快の笑い」を見せた。

 

 

このタオマフを見て本当に嬉しかった。ただただ嬉しかった。このタオマフを掲げてくれて本当にありがとうと伝えたい。

 

 

スタジアムを一周してもまだ涙が止まらない金子に釣られて泣いている選手もいたように思う。

 

 

リカルド・ロドリゲスは名将といって差し支えないだろう。会見で見せる悔しい表情は言葉以上に物語っていた。

 

 曺貴裁とはまた違った魅力に溢れた浮島敏。戦術の多彩さ、細かさなどは湘南の新たな魅力となっている。続投が決まり来季どんな幅を見せてくれるのか楽しみが止まらない。「明日は久しぶりにアカデミーのみんなに会いに行く」とのこと。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック