【サッカー人気5位】「千葉の新スタイルの術中にはまった水戸…

ロクダス

日本サッカーが大きく遠回りすることになった瞬間の写真がこれ

写真=六川則夫

ドーハの悲劇と呼ばれるこの写真の瞬間を六川則夫は撮っていた。本来日本のカメラマンは全て逆サイド、つまり日本がゴールを奪うほうのサイドにいる。ただこのとき六川は一人だけ逆サイドに来ていた。だからこそこの写真が撮れたのだ。その理由はなぜなのか? またこのカズの足がもし届いていたら、日本サッカーはどうなっていたのか? そんな話をしています。

(残り 218文字/全文: 391文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック