鹿児島とたこ焼きとTENGA(海江田哲朗)【J論】

RYUKYU SOCCER PRESS

【★無料公開】琉球新加入の上里一将 囲み取材

1月10日(木)、県総蹴球場で行われた琉球の初練習時に報道陣の前で語った上里一将選手の囲み取材の模様をお届けします。

Q.ロアッソ熊本から加入し、琉球での初練習となりましたが
上里一将(以下、上里):「とりあえずJ2開幕に向けてスタートが切れたので、これから体を作って良いシーズンを迎えられたらなと思います」。

Q.選手も新しい顔ぶれとなり、どのような会話をしましたか
上里:「正直きょうはそこまで会話はしてませんが、ボールを触りながらいろんな選手と関わって、若干ですが特徴も見えたので僕としては良かったかなと思います」。

Q.沖縄での練習はいかがですか?
上里:「やっぱり暖かいですし、体を作るにはすごく最適で本当に充実しています」。

Q.初日のミーティングでは樋口監督からはどのようなことが話されていましたか
上里:「とりあえず今シーズンはどういったサッカーをやっていくのか、みんな琉球のために全力でプレーするために良いコンディションで臨もう、そういった話しがありました。J2で戦う上でどのくらいの順位を目指すのかという具体的な話しも聞けたのでそれを意思統一してやっていけたらなと思います」。

Q.琉球でプレーする実感について
上里:「まだまだ初日なので。ここから徐々にそういった実感も湧いて出てくるでしょうし、来たからには全力でプレーししっかり活躍したいと思います。昔から沖縄に戻りたいなと思っていたので、それが現実となってクラブがオファーしてくれたことには感謝してますし、これから沖縄のために夢を与えられるようしっかりやりたいなと思います」。

Q.まだ練習が始まったばかりですが、その中で受けた印象はありますか
上里:「特にまだまだわからない部分が多いので、まずはそのところを理解して一人ひとりの特徴も理解しながらしっかりやっていきたいなと思います」。

Q.サポーターや報道陣も多く詰めかける中、今シーズンの期待が表れていると思うんですが、改めてどのような姿をサポータに見せたいか、意気込みをお願いします。
上里:「琉球というチームが強くなっていくことで見られる存在となるだろうし、まずはそこを第一に考えて、J2で戦い抜くために体を作ってサポーターがより多く試合に足を運んでくれるように一戦一戦戦っていきたいなと思います」。

Q.ベテラン選手として頼られる部分もあると思いますが、どういうプレーで貢献したいですか
上里:「僕個人というか、J1やJ2で経験している選手がたくさんいるのでこっちから投げかけることもあるだろうし、もともといる選手たちの姿勢を見て学ぶこともあるだろうし。お互いが切磋琢磨しあいながらチームとして戦っていけたらなと思います」。

⇒【RYUKYU SOCCER PRESS】とは

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック