『サッカーパック』39メディアが1550円で読み放題

RYUKYU SOCCER PRESS

【★無料公開】きょうから「残波岬ボールパーク」でキャンプイン 練習前に歓迎セレモニー開催 

FC琉球はきょうから5日間、読谷村の残波岬サッカーパークでキャンプイン。晴天に恵まれた絶好のコンディションでの初日となりました。トレーニング開始前の午後2時半からは読谷村の歓迎セレモニーが開催され、石嶺傳實村長の激励のあいさつ、花束贈呈、特産品の贈呈、樋口靖洋監督あいさつが行われました。

 

 

ジンベーニョも登場。樋口監督にごあいさつ

 

トレーニングウェアも新しくなりました

 

監督と選手が一列に整列

 

読谷村の方々も横断幕で選手を出迎えます

 

 

石嶺傳實読谷村長の激励のあいさつ
「『はいさいぐすーよーちゅーうがなびら!Welcome to YOMITAN!Thank you』。ようこそFC琉球。初めての読谷キャンプ、誠にありがとうございます。(トレーニングウェアを見ると)残波のスポンサーも入っていますね(笑)。ここ残波岬ボールパークは11月から整備を行っており、みなさまが今年初めて使用する第1号となりました。新品のグラウンドをFC琉球に使っていただけることをありがたく思います。そして今年のJ2昇格おめでとうございます。読谷村からJ2優勝、そしてJ1に入れるようにこの一年きっちりスタートしていただきたいと思います。読谷村はたくさんのスポーツキャンプが行われていまして、今日の昼の11時からは沖縄SVとここ読谷でキャンプ中のサガン鳥栖の練習マッチが読谷村陸上競技場で行われました。みなさんがここで5日間練習した後はニュージーランドのオリンピック代表の男女のメンバーがここでキャンプを張ることになっています。読谷村はラグビー、サッカー、プロ野球といったたくさんのスポーツキャンプが行われていますので、FC琉球もここでさらに上を目指して頑張っていただきたいと思います。今年一年、読谷村からも全力で応援しますのでこのキャンプ頑張ってください。『ゆたしくうにげーさびら!』

 

花束贈呈
花束を受け取る上原慎也選手と樋口靖洋監督

 

キャンプ地読谷村の特産品の贈呈
株式会社御菓子御殿から記念品の贈呈
プレゼンター:読谷村商工会 仲宗根朝治会長
選手代表:富所悠選手

有限会社比嘉酒造から特産品の贈呈
プレゼンター:比嘉兼作社長
選手代表:儀保幸英選手

司会者から「儀保選手はここ読谷村出身のルーキーです!」と紹介され、会場から拍手と指笛が鳴り響きました

 

樋口靖洋監督あいさつ
「こんにちは!FC琉球監督の樋口と申します。本日はこのようなセレモニーを催しいただき大変ありがとうございます。この暖かい沖縄の地、この素晴らしいピッチ、そして琉球色あふれるホテルでキャンプをスタートすることができ本当にありがたく御礼申し上げます。ありがとうございます。今シーズン、我々はJ2に上がって厳しい戦いが待っています。その戦いに向けてしっかりと準備するためにはこういったキャンプでどれだけチームが結束して厳しい練習に集中できるかということが本当に大切です。そのキャンプを行う上で今日読谷に来てみてあらためて素晴らしい場所であり、厳しいキャンプをしっかりと行うことができるなというそういう思いを持っています。ここでの練習がFC琉球の躍進につながるようにチーム一丸となって全力尽くして頑張ってまいります。本当にありがとうございました。頑張っていきますので今シーズンぜひともFC琉球の応援をよろしくお願いします」。

 

最後に記念撮影

 

今日から5日間、午前と午後に分けてみっちりとトレーニングに励みます

⇒【RYUKYU SOCCER PRESS】とは

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック