【サッカーパック人気2位】 リーグ戦は残留争いに目を向けざるを得ない 議論はどこを前提にするか【轡…

RYUKYU SOCCER PRESS

【囲み取材】琉球vs.福岡(明治安田J2第1節) 上里一将/岡﨑亮平/徳元悠平/カルバハル 試合後コメント

<明治安田生命J2リーグ第1節>◇2月24日◇沖縄市・タピック県総ひやごんスタジアム/7,385 人/曇時々雨/気温21.1℃/湿度66%

FC琉球 3-1 アビスパ福岡

【得点者】
23分 鈴木孝司(琉球)
36分 松田力(福岡)
72分 鈴木孝司(琉球)
82分 富所悠(琉球)

 

MF上里一将
開幕戦で内容というより勝つことが出来てよかったです。全体的には逃げずにプレーした選手も多かったですし、それに関しては本当に前向きにポジティブな内容だったんじゃないかなと感じています。チームにJ2を経験をしている選手がなかなかいない分、ただただ逃げのパスをやっていると相手にリズムが偏ってしまうので、逃げずにどんどんトライしようということを(試合前)話しました。今日は雨にもかかわらず(スタジアムに)来てくれて、僕たちはその声援に応えるために走る続けることができたのでサポーターに感謝しています。

チームとしても個人としても課題が出ている部分は多々あるので、残りの41試合の長いシーズンを乗り越えていくためには勝ちながら課題を克服し、チームとして成長していくことが良いと思っている。その課題をそれぞれが認識して練習で取り組む姿勢で変えていければ勝ちにつながっていくと思います。(課題は)チームとしては失点をしてしまったときに後ろ向きなプレーが多かった。J2はセットプレーのセカンドボールを非常に重要視してて、そこを意識していたんですがやられたのはチームとしてもったいない失点だったと思います。個人としては前半の早い段階でイエローカードをもらってしまってチームに迷惑をかけた。もっともっと助けられるようにしっかりやりたいと思います。

(残り 1158文字/全文: 1868文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック