【サッカーパック人気3位】 「テル(仲川輝人)が決めてくれたのは助かったし、大きな先制点だった」(…

RYUKYU SOCCER PRESS

【囲み取材】西岡大志『マークされようとやり続けることが自分のストロングだと思っている』琉球vs.徳島(明治安田J2第4節)

<明治安田生命J2リーグ第4節>◇3月16日◇沖縄市・タピック県総ひやごんスタジアム/3,460 人/曇、弱風/気温19.0℃/湿度35%/全面良芝、水ふくみ

 

FC琉球 2-0 徳島ヴォルティス

【得点者】
37分 上門 知樹(琉球)
48分 内田 航平(徳島)
75分 西岡 大志(琉球)

 

Q.徳島戦を振り返り

西岡大志(以下、西岡):「前半はほんとに苦しい時間が長くて、その中で守備を徹していこうとチーム全体で統一できていた。そこを我慢しながら前半ゼロ(1-0)で終えて、後半やっぱり苦しい展開の中でしたが(自分が)1点決められて良かったなと思います」

(残り 690文字/全文: 964文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック