今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

RYUKYU SOCCER PRESS

【試合後コメント】西岡大志『得点に絡む意識が強かったからこそ積極的にシュートを打ってやろうという気持ちだった』 琉球 vs.栃木(明治安田J2第21節)

<明治安田生命J2リーグ第21節>◇7月6日◇タピック県総ひやごんスタジアム/3,082人/晴、無風/気温27.8℃/湿度76%/全面良芝、水含み

 

FC琉球 3-0 栃木SC

19分 鈴木 孝司 (琉球)
40分 西岡 大志 (琉球)
73分 越智 亮介 (琉球)

 

【西岡大志選手 試合後コメント】

--今日の試合、手の甲から手首辺りまでテーピングを巻いた状態でプレーしていたが…

打撲してしまい、テーピングしてもらったんですが全然問題なくて、試合にも影響ありませんでした。大丈夫です。

 

--90分間を通してシュートの積極性が目立っていました…

(残り 1346文字/全文: 1617文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック