監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

RYUKYU SOCCER PRESS

【試合後コメント】風間宏希『だんだんと自分たちのスタイルが出せるようになってきた』 琉球 vs.栃木(明治安田J2第21節)

<明治安田生命J2リーグ第21節>◇7月6日◇タピック県総ひやごんスタジアム/3,082人/晴、無風/気温27.8℃/湿度76%/全面良芝、水含み

 

FC琉球 3-0 栃木SC

19分 鈴木 孝司 (琉球)
40分 西岡 大志 (琉球)
73分 越智 亮介 (琉球)

 

【風間宏希選手 試合後コメント】

--栃木SC戦を振り返り…

これまで甲府、長崎と相手が引いてくるチームとの対戦が多くて、栃木は多少前に来ましたが僕らがボールを持ったら結構引いていたので、その中で自分自身、縦パスとかどんどん入れていこうというふうにこの試合は思っていました。1点目の(富所悠へのパスの)場面もそういう感じでしたし、(鈴木孝司のゴールに)繋がったので良かったかなと思います。

 

--これまで堅実な守備からリズムを作る場面の多かった栃木が、この試合では序盤からアグレッシブに攻めてきました…

(残り 615文字/全文: 997文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック