田代有三はなぜオーストラリアでセカンドキャリアをスタートさせたのか?(J論)

RYUKYU SOCCER PRESS

【試合後コメント】猪瀬康介『この負けはネガティブになってはいけない負けだと思っている』 水戸 vs.琉球(明治安田J2第23節)

<明治安田生命J2リーグ第23節>◇7月21日◇ケーズデンキスタジアム水戸/4,432人/曇、弱風/気温22.9℃/湿度80%/全面良芝、乾燥

 

FC琉球 1-3 水戸ホーリーホック

22分 黒川 淳史 (水戸)
43分 志知 孝明 (水戸)
56分 増谷 幸祐 (琉球)
74分 小川 航基 (水戸)

 

 

【猪瀬康介選手 試合後コメント】

――プロデビュー戦となった水戸ホーリーホック戦を振り返り

3失点して負けたという結果だけを見ればネガティブに捉えられてしまうんですが、個人的に言うと3失点目は本当に止めなくてはいけないシーンだったもののその他ではシュートストップの場面で止められた部分もありました。キャッチしてからのパントキックでカウンターにつなげる攻撃型のGKなのが僕の持ち味ですし、そういう部分でキャッチしたあと(上門)知樹くんにパントキックでつけられたというところもありました。できなかったところが多く見える試合かもしれないですけど、少し自信につながる試合になりました。

 

――勝利への姿勢で挑んだ試合において、どのようなプレーにこだわって臨みましたか

(残り 843文字/全文: 1324文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック