Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

RYUKYU SOCCER PRESS

【九州リーグ最終節】1-3で敗れるも、初優勝を飾った沖縄SVがリーグ戦全日程を終える(vs.J.FC MIYAZAKI戦)

2019年シーズンの九州リーグを制覇した沖縄SV

<KYFA第47回九州サッカーリーグ最終節>◇9月22日◇ KIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園サッカー場/ 良芝

 

沖縄SV 1-3 J.FC MIYAZAKI(宮崎)

24分 牧野 悟 (沖縄SV)
47分 橘木 勇弥(J.FC MIYAZAKI)
53分 オウンゴール(J.FC MIYAZAKI)
87分 橘木 勇弥 (J.FC MIYAZAKI)

 

KYFA第47回九州サッカーリーグ最終節は22日、各地で行われ、すでにリーグ優勝を決めている沖縄SVは、KIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園サッカー場で2位のJ.FC MIYAZAKIと対戦。1-3で敗れ、リーグ戦18試合目で初黒星を喫した。

 

先制ゴールをあげたFW牧野悟

 

台風17号の影響で、強い風と雨が交じる中で行われた一戦は24分、FW牧野悟がヘディングシュートでゴールネットを揺らし沖縄SVが先制。前半1点のリードで折り返した。

しかし後半開始直後の47分に同点とされると、53分にはオウンゴールでリードを許す展開に。追いかける立場となった沖縄SVは、後半だけでシュート5本を放つもゴールには届かず。逆に試合終了間際の87分に失点し万事休す。リーグ戦全試合で得点を奪う快挙を達成した沖縄SVだが、今季最多の3失点で敗れ、悔しい結末となった。

全勝での優勝達成はならなかったものの、今季の九州リーグを17勝1敗で初制覇した沖縄SVは、九州リーグ前期上位4チームに出場権が与えられる「第55回全国社会人サッカー選手権大会」に出場。10月12日の1回戦で、おこしやす京都AC(関西地域代表)と対戦する。

また11月8日から全国9地区の優勝チームと全国社会人サッカー選手権大会の上位チームが集いJFL昇格をかけて戦う「全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2019」に、九州リーグチャンピオンとして出場する。

 

【高原直泰監督兼選手 試合後コメント】

先制したのは良かったが、1失点してから浮足立ってしまった。こういう(暴風雨のような)
きつい環境のときは、互いに試合を自分たちの思うように展開しづらく、ひとつに失点が厳しい結果につながる。チャンスは何度もあったので、それを活かしきらないといけない。しっかりと頭の中を切り替えて、今後の一日一日を大切にして地域CLに向かっていきたい。

 

【MF石川和磨 試合後コメント】

全勝でリーグ戦を終えることにこだわって来た分、悔しい。今日の試合で現れた悪い部分を切り替えて、JFL昇格に向けて地域CLまでの時間を大切にしていきたい。やるしかない。

 

--チーム創設から在籍している一人として、今季の雰囲気は

チームとして目指す方向、テーマがはっきりしていて、これまでで一番雰囲気が良い。練習中のムードも違うし、最終節は落としたけれど昇格への意識が高い。個人としても、得点に絡んでいくというプレーが出来てきていると思う。全員がその意識を強く持っているので、そのまま地域CLで一気に発揮したい。

 

DF原隆生

 

MF髙柳一誠

 

先制点を決めた牧野を笑顔で迎えるMF前田俊介

 

この日は台風17号の影響を受けながらも、雨風強まるピッチ上で戦った

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック