【サッカーパック人気3位】 1日1回読むだけで身につくサッカーの見方の基礎知識【会員限定】ビルドア…

RYUKYU SOCCER PRESS

【試合後コメント】鳥養祐矢『(アシストの場面は)3つの選択肢があった』 琉球vs.山形(明治安田J2第33節)

<明治安田生命J2リーグ第33節>◇9月23日◇タピック県総ひやごんスタジアム/2,683人/曇、中風、気温 27.1℃、湿度 63%/ 全面良芝、乾燥

 

FC琉球 3-3 モンテディオ山形

30分 山田 寛人(琉球)
56分 坂元 達裕(山形)
77分 ジェフェルソン バイアーノ(山形)
81分 オウンゴール(山形)
85分 風間 宏希(琉球)
90+1分 
上原 慎也(琉球)

 

【鳥養祐矢選手 試合後コメント】

--台風の影響で予定よりも二日延びた中での山形戦となりました

首位争いをしている山形を迎えての一戦でしたが、僕らは残留争いに向けて正直負けられる試合はないので、この山形戦もしっかり勝ちに行こうという話しで臨みました。結果的に先制してそのあとちょっと自分たちのミスから3失点食らって、そこから追いついたことは良かったんですが、もったいない試合だったなという印象はあります。

 

(残り 982文字/全文: 1367文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック