J論J2チャンネル、スタート!!

RYUKYU SOCCER PRESS

【試合後コメント】上門知樹『もっともっと上を目指すために』 琉球vs.東京V(明治安田J2第36節)

<明治安田生命J2リーグ第36節>◇10月12日◇タピック県総ひやごんスタジアム/4,806人/曇、強風、気温 26.7℃、湿度 61%/ 全面良芝、乾燥

 

FC琉球 1-5 東京ヴェルディ

25分 小池純輝(東京V)
41分 小池純輝(東京V)
44分 森田晃樹(東京V)
54分 上門知樹(琉球)
48分 森田晃樹(東京V)
69分 小池純輝(東京V)

 

【上門知樹選手 試合後コメント】

--東京V戦を終えて

相手のパスサッカーに魅了された感じですけど、その結果が1-5という大敗になったのかなと思います。

 

--前節の福岡戦に勝ってある程度残留が見えてきている中で、選手たちはどのような思いでプレーしていたのか

ある程度決まったと周りは言ってますがまだ何も決まってないですし、あと6試合に向けて全力でやるだけですが、その中でホームでこういう大敗を喫したというのはチームとして重く受け止めないと行けないですし、次のアウェイ戦で何としても勝利を飾ってまたホームで良いサッカーができるようしっかりやっていかないといけないなと思います。

 

--後半、一時点差を2点にする自身のミドルシュートが決まりました

負けている状態ですし、失うものはないと前向きに思っていました。前を向いたらシュートを打とうという気持ちは常に持っているので、その結果がゴールにつながったのかなと思います。

 

(残り 477文字/全文: 1066文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック