大分トリニータ気鋭の「頭脳」が語るJ1再開と展望(J論)

RYUKYU SOCCER PRESS

【試合後コメント】河合秀人『自分が取ってやろうと狙っていた』 山口vs.琉球(明治安田J2第39節)

<明治安田生命J2リーグ第39節> ◇11月3日◇ 維新みらいふスタジアム / 6,099人 / 曇、無風、気温 18.0℃、湿度 76% / 全面良芝、乾燥

 

レノファ山口FC 1-2 FC琉球

2分 上門 知樹
37分 高井 和馬

90分+3 河合 秀人

 

【河合秀人選手 試合後コメント】

--アディショナルタイムに突入し、最後の最後で劇的な勝ち越しゴールを奪いました

ほんとに行ったり来たりの試合展開だったので、その中で絶対に自分が(ゴールを)取ってやろうとカウンターのチャンスを狙っていました。それがこういう形となってしっかりと結果に結びつき、チームの勝利に貢献できて良かったです。

 

(残り 840文字/全文: 1129文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック