見えてきた?今年のJ2勢力地図(J論)

RYUKYU SOCCER PRESS

京都MF中川風希が期限付きで加入 #fcryukyu

 

FC琉球は8日、13時に配信されたプレスリリースにて、京都サンガF.C.からMF中川風希が今季期限付き移籍で加入することを発表した。

1995年生まれの中川は、武南高から関東学院大を経て2015年から2年間スペインでプレー。2017年8月に当時J3の琉球に加入すると、翌年には定位置となったトップ下で16ゴールを挙げ、J3優勝とJ2昇格に貢献した。

琉球のJ2初年度となった2019年には開幕から3試合連続で先発出場し4アシストをマークしたが、その後横浜F・マリノスに電撃移籍。そして昨季、完全移籍で加入した京都では先発出場5試合を含む14試合に出場。2ゴールでシーズンを終えた。

2021シーズンを琉球でプレーする中川はクラブを通じ「FC琉球に関わる全ての皆さん、お久しぶりです!また琉球のユニフォームを着てタピスタでプレーできることをとても嬉しく、とても楽しみです!J1昇格するために一生懸命がんばりますので熱い応援よろしくお願いします!」とコメントした。

なお、中川の期限付き移籍期間は2021年2月1日から2022年1月31日までで、契約により今季の京都戦は出場不可となる。

 

 

【MF 中川 風希(なかがわ・かざき)

・生年月日:1995年7月3日
・出身地:埼玉県
・身長/体重:175cm/68kg
・経歴:武南高 → 関東学院大 →バジェカス(スペイン) → ベティス サン イシドロ(スペイン) → 琉球 → 横浜 FM → 京都

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック