【サッカー人気4位】明本考浩がJ1で感じた差 「もっと貪欲…

RYUKYU SOCCER PRESS

今季のスローガンは『FORWARD -琉球進撃-』。2021シーズン新体制発表会を実施(前編) #fcryukyu

 

今季J2リーグ3年目を戦うFC琉球。2021シーズンの始動日を前日に控えた19日、チームは那覇市内で新体制発表会を行った。

発表会には琉球フットボール株式会社代表取締役の倉林啓士郎会長をはじめ、小川淳史取締役社長、廣﨑圭代表取締役副社長兼スポーツダイレクター、樋口靖洋監督、新任の神野卓哉強化部長が出席。

そしてDF上原牧人、DF山下令雄、DF村瀬悠介、MF中川風希、MF清武功暉、MF澤田将、FW清水慎太郎、FW清水慎太郎、FW赤嶺真吾の新加入8選手が会見に臨んだ。なおG大阪から完全移籍で加入のMF市丸瑞希と期限付移籍から復帰のMFハモンは欠席した。

この会見のレポートを2回に分けてお届けする。

 

 

 

 

 

 

――小川社長、2021シーズンスタート挨拶

本日もお集まりいただきありがとうございます。あらためまして、昨シーズン戦い抜けたのはサポーターの皆様、パートナーの皆様、ホームタウン関係者の皆様、行政の皆様、そして医療従事者の皆様のおかげだと思っております。本当にありがとうございます。

先週、胸スポンサーのトップパートナーであります株式会社マイネットとの記者会見がございまして新ユニフォームを発表させていただきました。そしてきょう、新メンバーを迎えて新体制のスタートを切ります。私としてもワクワクしております。

今シーズン戦うにあたりまして「不易流行(ふえきりゅうこう)」という言葉があります。不易とは「変わらないこと、本質」。流行はその名の通り「新しいもの、時代とともに変化するもの」。つまり「変わらないものを大切にしながら新しいものをどんどん取り込んで変わっていくこと」が大切なことだと思っています。

本日、新型コロナによる沖縄県独自の緊急事態宣言が発令されるかもしれないという状況にあり、今シーズンにおいてどういった状況になるか楽観視できないと思っています。そのような中、臨機応変にわれわれはしっかりと本質を失わないように対応し戦い抜く。その場のベストを尽くすということが今シーズン大切だと思っています。そうしたシーズンを迎えるにあたって、沖縄とともにどんどん強くなるFC琉球を見守っていただいて応援いただければと思っております。何卒よろしくお願い致します。

 

――倉林会長、クラブスローガンの発表

昨シーズンは「REVIVE -琉球再興」というスローガンで臨ませていただけましたが、今年の新スローガンは「FORWARD -琉球進撃-」になります。

首里城の再興を胸に掲げながらコロナ禍で戦うという特別な昨シーズンを通じて私達は今まで以上に沖縄のため戦い、琉球とともに強くなりたいという思いを強く抱きました。2021シーズンは今まで以上に琉球らしい攻撃的なサッカーで勝利を重ね、沖縄の活性化とJ1昇格を目指していきます。沖縄、FC琉球をさらに一歩前に進めるための攻撃的なサッカーを貫くという意味合いを込めて、琉球進撃というスローガンで今シーズンを臨みます。

 

――廣﨑圭代表取締役副社長兼スポーツダイレクター、2021シーズン新体制紹介

「FORWARD -琉球進撃-」のスローガンに則って、前に進んでいけるシーズンになれるように今年の新しい体制を紹介いたします。

GKは昨年に引き続き4名。DFが11名で、新加入が上原(牧人)、山下、村瀬となります。
MFも11名で、清武と澤田が新加入。中川が京都からのレンタル移籍での加入、市丸が昨季の期限付きから今季完全移籍で琉球の選手として加わり、ハモンが鳥取から戻り琉球でスタートします。FWは5名。清水と赤嶺を新加入に迎え、合計31名の選手でやっていきます。
昨年よりもスタート時点としては4名多い体制ですが、やはり今年もコロナの状況がどう進んでいくか不明であり、怪我人が昨年多かったというのもありますので少し人数を増やしてスタートするということとなります。スタッフ陣は樋口監督をはじめ、昨年と変わらないメンバーで進めていきます。

私自身はこれまでスポーツダイレクターということでトップチームの選手強化とアカデミーとの連携も含めてやっていましたが今回、トップチームの強化責任者として神野卓哉(強化部長)に来てもらいました。神野は私と同い年ですが、もともとJリーグでバリバリ活躍した名選手で、選手目線に立ち強化・指導をされてきているので、チームの方向性をしっかり見てもらい、そのもとで樋口監督をはじめ、喜名(哲裕)ヘッドコーチ以下、昨年通りのスタッフ陣で臨みます。昨年末(の試合で)少しチームの良い形ができてきたシーズンだったと思っていますので、そこに新しい選手を加えて昨年以上の成績を。今年も2位までしかJ1に昇格できませんので、昇格を目指していく布陣ということでこの体制でやっていきます。よろしくお願いいたします。

 

→《後編に続く》

 

取材・構成:仲本 兼進 (RYUKYU SOCCER PRESS)

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック