RYUKYU SOCCER PRESS

2021.3.27 明治安田J2 第5節:ジェフユナイテッド市原・千葉戦後、清水慎太郎選手記者会見、質疑応答全文 #fcryukyu

 

【2021明治安田生命J2リーグ/第5節第1日/2021年3月27日14:03キックオフ/フクダ電子アリーナ/入場者数 4,169人/晴、弱風、気温 19.8℃、湿度 42%/全面良芝】

 

千葉 1-2 琉球

得点者:
72分 見木 友哉(千葉)
75分 阿部 拓馬(琉球)
80分 清水 慎太郎(琉球)

 

 

第5節・千葉戦後、清水慎太郎選手 質疑応答

 

――途中出場し、1-1の場面からヘディングで決勝点を奪いました。

ここ4試合はリードしている場面で出場し、0-0で入ったのは初めてだったんですけど、今まで通り点を取る意識を持って入りました。

ゴールの場面については、(田中)恵太さんは(ボールが)入ったときにまず(相手がいない)オープンに持っていつでも蹴れる状態で常に止めているので、そこはもう絶対ボールが来るなと思っていました。走り込んで、(上原)慎也さんが上手くスペースを開けてくれたので良かったです。(シュートは)叩きつけることを意識しました。

 

――ゴールはイメージ通りだったのでしょうか。

(残り 622文字/全文: 1085文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ