【サッカー人気4位】【山形vs京都】プレビュー:ノー・フィ…

RYUKYU SOCCER PRESS

【無料掲載】2021.6.9 天皇杯2回戦:松本山雅FC戦終了後、市丸瑞希・上原慎也 両選手記者会見・質疑応答全文 #fcryukyu

 

【天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会 2回戦/2021年6月9日19:00キックオフ/サンプロ アルウィン/入場者数 2241人/晴、弱風、気温 23.0℃、湿度 41%/全面良芝】

 

松本 1-0 琉球

得点者:
52分 村越 凱光(松本)

 

 

天皇杯2回戦・松本戦後、キャプテン・市丸瑞希選手 質疑応答

チームとして勝つことしか考えていなかったですし、勝つことを目指して戦いました。一人ひとりが戦っていたしみんな頑張っていたと思うんですけど、やっぱり最後の一対一の詰めの甘さがちょっとでちゃったのでそこは改善していきたいです。相手のプレッシャーを感じ過ぎていた部分があったと思うし、しっかりと自信を持って(ボールを)つなげていればもっと違うサッカーができたと思います。

天皇杯は負けてしまいましたがリーグ戦は続きます。やっぱりみんなリーグ戦にでたいと思っているし、そこでチームとしてどう貢献できるかということをもっと考え、みんな必死にやっているので底上げできるよう頑張っていきたいと思います。

 

天皇杯2回戦・松本戦後、上原慎也選手 質疑応答

きょうは日頃試合にでていないメンバーを中心に構成されていて、チームとしても底上げをするという目的を持って挑みましたが結果的には点も取れず、0-1で負けてしまったというところで、一人ひとりがもっとレベルを高くしていかなければいけないですし、リーグ戦に出ているメンバーにプレッシャーを与えるようなプレーをしなければいけなかったなと思います。

きょうに関してはそういった部分であまり見せられなかったですし、自分自身も点が取れなかった。この敗戦を受け止めリーグ戦に向けて気持ちを切り替え、そして一人ひとりがこれからも試合に関わるんだという強い気持ちを持ってやらなければいけないなと思っています。

 

――自身のプレーについて、できればもう少し前線で時間を作りたかったという思いもあったかもしれませんですし、あるいはもうちょっとボールを収めて2列目のサポートも欲しかったんじゃないのかなというようなプレーも見られましたが、ピッチ上での印象、実感はいかがだったんでしょうか。

前半に関しては良いところでボールも貰えましたし、ヤー選手(※シティチョーク・パソの愛称)とは初めて一緒にプレーしましたが、彼もよくボールに触っていましたので、その良い時間帯でゴールにもっともっと直結するプレーができれば良かったなと思います。

でも後半に関してはなかなかそういうプレーもでなくなり、下からのビルドアップでもっともっと僕ら前線の選手が引き出して上げて助けられればなと、率直に思います。

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ