【サッカー人気2位】U-24日本代表についての雑感 -メキ…

RYUKYU SOCCER PRESS

2021.6.13 明治安田J2 第18節:ギラヴァンツ北九州戦後、風間宏矢選手記者会見・質疑応答全文 #fcryukyu

 

【2021明治安田生命J2リーグ/第18節第1日/2021年6月14日19:03キックオフ/タピック県総ひやごんスタジアム/入場者数 0人 ※新型コロナウイルス感染予防対策のため、無観客での試合開催(リモートマッチ)/雨一時曇り、中風、気温 27.6℃、湿度 73%/全面良芝】

 

琉球 3-0 北九州

得点者:
28分 風間 宏矢(琉球)
62分 風間 宏矢 (琉球)
72分 清水慎太郎(琉球)

 

 

第18節・北九州戦後、風間宏矢選手 質疑応答

 

--北九州戦を振り返り。

きょう僕らは午後7時の試合だったということもあって、少なくとも京都、新潟、磐田の試合の結果を頭に入れて試合に臨みました。ここは絶対に勝たないといけないという思いでしたしチャンスでしたし、その共通意識を全員が持っていました。

 

――自身今季初ゴールとなった先制点を決めた瞬間、ガッツポーズが見られました。

1点目の流れ的には、(自身のシュートが弾かれ)相手のカウンターを受けるときに(田中)恵太さんが(攻守の)切り替えでボールを奪って、そのあとカズさん(上里 一将)に渡ってそこで仕掛けたんですけど、恵太さんがシュートモーションに入るときに自分は横について、絶対(ボールが)来るだろうなと思っていましたし、止めてから蹴るまで早くというのを意識して打ちました。本当は股を狙ったんですけど相手に当たって入ってくれたので、普段そんなメチャクチャ喜ぶタイプじゃないんですが久々の光景だったのでちょっと声がでちゃいました。

 

――2点目につながったCKの場面。交代のタイミングで少し間が空いたなかでの自身のゴールでしたが、あの場面を見出した要因は。

(残り 563文字/全文: 1281文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ