【サッカー人気5位】(移籍報道について)「正式オファーとい…

RYUKYU SOCCER PRESS

2021.6.13 明治安田J2 第18節:ギラヴァンツ北九州戦後、猪瀬康介選手記者会見・質疑応答全文 #fcryukyu

 

【2021明治安田生命J2リーグ/第18節第1日/2021年6月14日19:03キックオフ/タピック県総ひやごんスタジアム/入場者数 0人 ※新型コロナウイルス感染予防対策のため、無観客での試合開催(リモートマッチ)/雨一時曇り、中風、気温 27.6℃、湿度 73%/全面良芝】

 

琉球 3-0 北九州

得点者:
28分 風間 宏矢(琉球)
62分 風間 宏矢 (琉球)
72分 清水慎太郎(琉球)

 

 

第18節・北九州戦後、猪瀬康介選手 質疑応答

 

--北九州戦を振り返り。

きょうの試合、僕自身(今シーズン)3試合目でしたが、だからといっていつもと違うようにやろうとはまったく思っていなかったですし、とにかく前節(の秋田戦)はアディショナルタイムで最後の最後で入れられて引き分けに終わっていたので、今節は絶対にクリーンシートで初勝利したいという思いで試合に臨みました。

 

――2年前の初出場を含めて、プロ入り後(天皇杯も含めて)4試合目での試合で初勝利をあげました。

前節は秋田のグラウンドで自分たちのアグレッシブさは出せなかったんですが、今節はとにかく自信を持ってやろうと思っていましたし、PKも止めて無失点で終えられたことは素直に嬉しいです。でもそのなかでビルドアップの部分で少し課題が残ったなというのがありますので、そこは改善していきたいです。

 

――北九州の高橋大悟とのPK対決においては、自身から見て左下に蹴られたボールをドンピシャのタイミングで弾き返し、この試合でのクリーンシートの最大要因となりました。そのコースへ飛び込んだ訳は。

(残り 551文字/全文: 1237文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ