【サッカー人気5位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

RYUKYU SOCCER PRESS

2021.7.18 明治安田J2 第23節:大宮アルディージャ戦後、樋口靖洋監督記者会見・質疑応答全文 #fcryukyu

 

【2021明治安田生命J2リーグ/第23節/2021年7月18日19:03キックオフ/NACK5スタジアム大宮/入場者数 4,567人 /晴、中風、気温 28.5℃、湿度 62%/全面良芝】

 

大宮 2-2 琉球

得点者:
8分 上原 慎也 (琉球)
50分 イバ (大宮)
78分 赤嶺 真吾 (琉球)
79分 黒川 淳史 (大宮

 

 

第23節・大宮戦後、樋口靖洋監督 質疑応答

 

中断前の最後の試合で勝点3をしっかり取って終わりたかったという思いは非常に強くありましたし、そのことを選手たちの前でも伝えてからピッチに送り出しました。ただ結果は引き分けで、この結果は試合を終わってみればやはり妥当な結果かなと思います。今日の試合前から、お互いにどちらが主導権を握れるか。そして主導権を持っているときにしっかりと点を取って、主導権を握られているときに我慢できるかというところは1つの大きなゲームのポイントだったと思います。

 

二度先制しながらも追いつかれたというゲーム運びの問題はありますが、いま非常にケガ人が多く、今日も2人がケガで交代したという状況でしたが、ピッチに立った選手たちが非常に集中して最後まで戦ってくれたと思います。この勝点1を次の再開後の試合でしっかりと生かすためにも、次に向けてしっかりと準備をしていきたいと思います。今日は本当に暑い中、タフに選手たちは戦ってくれたと思います。

 

以下、記者陣質疑応答

 

--終わってみれば妥当な結果であったということですが、勝点3を取れなかったと見るのか、それとも粘って勝点1を取ったと見るのか、どのように受け止めていますか。

(残り 1091文字/全文: 1795文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ