【サッカー人気1位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

RYUKYU SOCCER PRESS

2021.7.18 明治安田J2 第23節:大宮アルディージャ戦後、赤嶺真吾選手記者会見・質疑応答全文 #fcryukyu

 

【2021明治安田生命J2リーグ/第23節/2021年7月18日19:03キックオフ/NACK5スタジアム大宮/入場者数 4,567人 /晴、中風、気温 28.5℃、湿度 62%/全面良芝】

 

大宮 2-2 琉球

得点者:
8分 上原 慎也 (琉球)
50分 イバ (大宮)
78分 赤嶺 真吾 (琉球)
79分 黒川 淳史 (大宮

 

 

第23節・大宮戦後、赤嶺真吾選手 質疑応答

 

--大宮戦は後半開始と同時に阿部拓馬との交代で出場しました。1-1での場面での78分、茂木駿佑がファーサイドに蹴った右CKからヘディングでネットを揺らしました。

ちょっとバックステップしながらのヘディングだったと思いますけど、良いインパクトで逆サイドに持っていけたと思います。

 

--しかしその1分後に失点し、同点決着となりました。

得点した直後だったのでやっぱり相手も前がかりになるというところで(の失点となり)、相手の裏を狙うとかもう少しゲームの展開だったり、流れを全体で反省しながら次に生かせればと思います。

 

--怪我人が多発しているチーム状況についてどのように感じていますか。

ケガ人が出るのはチームとしては痛いですし残念ですけど、その代わりに出られる選手がやっぱりいます。そこは結果を求めてみんな個人でやっていると思いますし、また良い競争が生まれるように日々取り組んでいきます。

 

--前半36分、キャプテン・上里一将が負傷交代となりました。チーム状況に及ぼした影響は感じられましたか。

(残り 239文字/全文: 890文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ