【サッカー人気5位】両監督の狙いが出た試合、松本山雅戦

RYUKYU SOCCER PRESS

2021.8.28 明治安田J2 第27節:ブラウブリッツ秋田戦後、樋口靖洋監督会見・質疑応答全文 #fcryukyu

 

【2021明治安田生命J2リーグ/第27節/2021年8月28日18:53キックオフ/タピック県総ひやごんスタジアム/入場者数 0人(※新型コロナウイルス感染予防対策のため、無観客での試合開催) / 晴、弱風、気温 29.5℃、湿度 61%/全面良芝】

 

琉球 2-1 秋田

得点者:
62分 井上 直輝(秋田)
77分 阿部 拓馬(琉球)
83分 福井 諒司(琉球)

 

 

第27節・秋田戦後、樋口靖洋監督 質疑応答

 

--秋田戦を振り返り。

90分を通して非常に難しく、そしてタフなゲームだったと思います。特徴のある秋田のサッカーに対して僕たちがどこまで自分たちのスタイルを貫き通すか。その中で我慢する時間が非常に長かったんですが、選手たちは本当にじれずにしっかりと90分で決着をつけるというゲームをやり切ってくれたかなと思います。まずは選手たちがタフに戦ってくれたことを称賛したいと思います。

ゲーム全体では、僕らがボールを握って動かすというところ。そして相手のカウンターのところでリスク管理をしながらやり切ることができるかという図式だったと思います。ボールは握ったけれども前半は2~3回ほどボックス内にボールが入ってチャンスになった程度。なのでああいう形を後半は少し多くしようということで送り出し、少し相手の足が止まり始めたところで僕らはさらに深い位置に入りながらプレーした結果としてPKを取ったり、あるいはCKを取ったりして相手を押し込む中で逆転できたと思います。

相手のサッカーを僕たちのサッカーで凌駕するということは結果的にはできませんでしたが、自分たちのスタイルを貫き通したことを本当に嬉しく思いますし、何よりも勝点3を手にしたこと。ホームで2連敗していたので、ここでそれを止めて勝点3を積み上げたということを率直に喜びたいと思います。次のゲームがより大事になってくるので、またこれからの1週間で準備していきたいと思います。

 

--球際のところで積極的に前から来ると思われた秋田ですが、リトリートからカウンターを仕掛けるという形をとってきました。試合中、どのように対応しようと考えていたのでしょうか。

(残り 1425文字/全文: 2338文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ