【サッカー人気1位】先制点は今季のベストゴール候補 ゴール…

RYUKYU SOCCER PRESS

☆無料掲載:ブラジルから新加入のヴィニシウス「みんなのために精一杯のプレーで点を取りたい」 #fcryukyu

 

FWヴィニシウス(VINICIUS Faria Dos Santos)

1999年11月15日生まれ
出身:ブラジル
身長/体重:184cm/82kg
背番号34

経歴
2018 フラメンゴU19
2019 ナシオナルU20
2020 ナシオナル
2021 ナシオナル→マリンガ→琉球(期限付加入)

 

 

--こんにちは。インタビューさせていただきます仲本です。

試合の時に隣で一緒に見てましたね。覚えてます(笑)。

 

--初めての日本での生活だと思いますが、住んでみての印象はいかがですか。

ブラジルとは完全に違う文化のショックはあるんですけどそれはポジティブなショックであり、やっぱり住みやすいし、最高です。

 

--ポジティブなショックとは。

先日のことなんですけど練習場に忘れ物をしてしまって。もしここがブラジルであればとっくにその物は絶対に無くなっているんですけど、3日後ぐらいに諦め半分で探しにいったら普通にあったので「えーっ、信じられない!」って思ってしまいました(笑)。日本人をリスペクトしています。

 

--ちなみに何を忘れたんですか。

練習終わったときにシャワーで使うシャンプーとボディーソープで、両方ともありました。

 

--初めての来日で、かつ最南端の沖縄の空気感はいかがですか。

ブラジルと似ていて結構暑いし、住んでいたサンパウロと比べても沖縄のほうが暑いかもしれません。素晴らしいところがいっぱいあるので、これからちょっとずつ沖縄を楽しみたいですね。

 

--初めての海外のチームとしてプレーすることになったFC琉球の雰囲気はいかがでしょうか。

とても素晴らしいです。やっぱり良い選手がいっぱいいるので結構やりやすいですし本当、神様のおかげです。ここでもっと上手くなれるように頑張りたいです。

 

--特に上手いなと思った選手は。

みんな上手いと思うんですけど、ハモン、阿部(拓馬)、カズ(上里一将)は結構特別だなって感じがします。

 

--チームにはハモンをはじめ複数のブラジル人選手がいるというのも大きいのでは。

それは大きいですし最高ですね。毎日ハモンと一緒に練習しているし、タヴァレスとも練習以外でも一緒にコミュニケーションしたりと良い環境です。

 

--日本人選手とのコミュニケーションは上手くできていますか。

日本語をちょっとずつ勉強しながら会話をしたり、みんなも聞き入れようとしてくれているし(コーチの)ドゥダも間に入ってくれたりと問題なくできています。

 

--率先して言葉も勉強しているんですね。

やっぱりできる所は自分からしゃべったりだとか、冗談とかも言い合ったりしてます(笑)。わからない場合はドゥダに聞いたりして教えてもらっています。

 

--特に使っている日本語は。

「ごめんなさい」とか「おはよう」、「こんばんは」、「(返事の)はーい」、あと「パスボール」。でもそれは英語ですね(笑)。

 

--琉球でプレーすることで、どのような特徴を出していきたいですか。

そうですね…

 

※上から上里一将選手が登場
やっぱりね、彼はゴール前の強さだと思うんですよ。怖さを出してくれるようどんどんパス出しますよ(笑)

 

カズが言ったとおりです(笑)。

 

--あらためて、樋口監督からも「チームにはいないタイプ」とも話していましたが、その言葉の意味はどのように捉えられますか。

やっぱり強さだとか速さ、そのところで違いを出すことが重要だと思ってますし、それが出せるために頑張りたいと思います。あとはフィニッシュの部分。練習から存在感を出していきたいです。

 

--前線であればセンター、サイド問わずというところでしょうか。

そうですね。前ならどこでもできます。ドリブルで推進力を出したいですね。

 

--琉球でプレーするにあたり、守備も求められるかと思います。

FWですがブラジルよりももっともっと守備はやらなければいけないのはわかっていて、それはここに来る前からこういうスタイルのチームだよっていうことを聞いていたので、やらなくてはいけないチームプレーに対して少しずつでもフィットできるよう頑張りたいです。

 

--一日でも早くプレーする姿が見たいと思っている琉球サポーターに向けてメッセージを。

メンバー入りするためファイトしますし、試合に出たらみんなのために精一杯のプレーで点を取りたいと思っています。

 

--ちなみにチームメイトからは普段は何と呼ばれているんですか。

ブラジルのときからもそうだったんですけど、ここでも「ヴィニ」って呼んでくれています。サポーターのみなさんも僕のことを「ヴィニ」って呼んでください(笑)。

 

--インタビューを受けていただきありがとうございました。

「(※日本語で)こちらこそ。ありがとうございます」(笑)。

 

※通訳:ドゥダコーチ

 

試合写真:©FC 琉球
取材・編集:仲本兼進(RYUKYU SOCCER PRESS)

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ